注目キーワード

政策・マーケット

2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

富士経済が7月12日にまとめた調査結果によると、国内の太陽電池市場は頭打ちだという。一方、電力小売事業であるPPAモデルはまだ立ち上がったばかりで、2018年度には2017年度の6倍の12億円、2030年度には400倍超の823億円になると予想している。

国内の太陽電池市場は頭打ちも
PPAとO&Mは成長すると予測

7月12日、富士経済が国内外の太陽電池市場の調査結果を発表した。国内の太陽電池市場は、2018年度は7,800MW、以降も6,000~7,000MWで推移するとし、頭打ちと予想。金額ベースでは2018年度は5,460億円、2030年度には3,840億円とゆるやかに下降していくとの見方を示した。

その一方で、注目ビジネスとして、太陽光発電設備を用いた電力小売事業である「PPA(Power Purchase Agreement)」を挙げた。2018年度の市場規模は、2017年度の6倍にあたる12億円と予想。さらに2030年度には、400倍以上の823億円規模にまで伸びるという。

建物の所有者が太陽光発電設備を導入する場合には、その所有者自身が設備費用を負担するのが一般的だ。だがPPAモデルでは、PPA事業者が第三者から資金を調達して、建物の屋根に太陽光発電設備を設置。一定の契約期間終了後、もしくは買電が一定の金額に達したのち、太陽光発電設備は建物の所有者に無償で譲渡される。

このPPAモデルは、FIT制度のないアメリカで普及したビジネスモデル。そのためFIT制度に左右されにくいと考えられており、今後は日本国内でも拡大していくことが期待される。

またもう1つ、O&M(Operation & Maintenance)サービスにも注目。2018年度の市場規模は、2017年度比で118.1%の567億円、2030年度には同年度比2.6倍の1,225億円に成長すると予測。その根拠として、これまでは発電事業での需要が大きかったが、今後は高圧ミドルや低圧ミドルでの需要が増えるという。

さらに、改正FIT法に太陽光発電所の適切な運用・保守を求める項目が盛り込まれたことも、市場拡大につながるとしている。

DATA

太陽電池関連技術・注目ビジネス市場を調査(PDF)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. ライセン、N型HJTモジュールを市場投入。PPA事業、案件開発、海外進出もサポート...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 新・自家消費時代の大本命── トライブリッドにしかできないこと
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  8. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  9. 2022年度からの「オンライン代理制御」で何が変わる?  低圧含め5エリアで開始か...
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース