注目キーワード

政策・マーケット

リサイクル業界からは世界初! 「RE100」に日本企業が加盟

事業運営を100%再生可能エネルギーで行うことを目標とする企業が加盟する「RE100」。名だたる世界的企業が名を連ねる中、リサイクル業界から、世界で初めて加盟した企業がある。日本のエンビプロ・ホールディングスだ。

2050年までに消費電力を
100%再生可能エネルギーに

事業運営に要する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる国際イニシアチブ「RE100」に、静岡県富士宮市の株式会社エンビプロ・ホールディングスが加盟した。リサイクル業界からの加盟は、世界初だという。

同社は2050年までに、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーにするとの目標を掲げた。具体的な活動内容としては、同社が抱えるグループ企業のノウハウを活用していく。

エコネコル社で立ち上げたバイオマス発電所への燃料供給事業、E3社で取り組んできた太陽光発電事業、ブライトイノベーション社の環境経営コンサルティングなど、さまざまな事業で培ったノウハウを結集しながら、まず手始めに自社工場への太陽光発電設備を導入。発電した電力の自家消費を進め、再生可能エネルギーの活用を推進する。

その背景には、世界的な「ESG投資」の動きがある。ESG投資とは、環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)の頭文字を取ったもので、持続可能な社会づくりに貢献するため、ESGの3つの点を重視して企業への投資を行うこと。国連が提唱し、欧米の金融機関や投資家を中心に広がっている投資手法だ。

エンビプロ・ホールディングスは、このESG投資が注目されている世界的な動きを踏まえて、「RE100」への加盟により企業価値のさらなる向上を図るとしている。

DATA

株式会社エンビプロ・ホールディングス

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  9. 自家消費型太陽光ビジネスで勝つ! オンライン勉強会を1/27(水)に開催
  10. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース