注目キーワード

政策・マーケット

9/26より開催! 西日本最大の展示会「関西スマートエネルギーWeek」

東京と大阪、毎年2ヶ所で開催されるスマートエネルギーWeek。9月下旬に開催される関西展では、日本全国から360社が出展を予定し、最新のソリューションを披露。ビジネスチャンスを手にする絶好の機会だ。

西日本最大の展示会で
ビジネスチャンスを掴み取る

東京と大阪で年に1回ずつ開催される「スマートエネルギーWeek」。太陽光をはじめ、バイオマスや風力、水素、燃料電池など、再生可能エネルギーに関する企業が一堂に会する展示会だ。太陽光発電に関しては、住宅用から産業用まで幅広いソリューションが来場者を待ち受ける。

今回の注目テーマの1つは、「ZEH・自家消費」。2019年問題を目前に控えた今、最新のソリューションは要チェックだ。FIT改正から1年以上が経過し、その重要性が高まる「O&M」についても、最新の製品が勢揃い。

さらに、セカンダリーマーケットの拡大を受けて「土地付き投資案件」に関する出展企業も複数予定されている。

なお、大阪駅から会場のインテックス大阪までは「バス」がおすすめ。会期限定の臨時直通バスが定期便で運行される。今回の出展社は、360社を予定。まさに西日本最大の新エネルギー展だ。「東京は遠くて行けなかった」という人は、ぜひ足を運んでみよう。ビジネスチャンスがあなたを待っている。

ビジネスチャンスにつながる
3つの理由

1.西日本最大規模
出展社数360社(予定)は、西日本で開催されるエネルギー関連の展示会として最大規模。「東京は遠いから行けなかった」という方に、ぜひ足を運ぶことをオススメしたい。

2.住宅向けから産業用まで!
2019年問題に備えた自家消費関連のソリューションや、メガソーラー向けのO&Mサービス、さらには投資用太陽光発電所の売買情報な
ど、幅広いソリューションが一同に会する。

3.直接商談できる!
直接各社の担当者と商談できるのが、この展示会の大きな魅力。最新製品の実機に触れながら、あるいは新型ソリューションの説明を受け
ながら、ビジネスの具体的な相談ができる。

123>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース