編集部からのお知らせ

超満員!気になるインド最大の太陽光展覧会の内容は?

「Intersolar India 2017」が2017年12月5日から7日にかけて開催された。インド最大の太陽光発電関連の展示会は、異常気象にも関わらず予想を越えた来場者数を迎え、大盛況のうちに幕を閉じた。

予想を越えた来場者数
インド市場の熱気を感じる

2017年12月5日から7日にかけて開催された「Intersolar India 2017」は、開催9年目となる、インド最大の太陽光発電関連の展示会だ。今年は乾期にも関わらず雨が降るという異例の状態での開催となったが、蓋を開けてみると最終来場者数は13,000人を越え、当初の予想を10%も上回る結果となった。

展示を熱心に見つめる来場者たち

会場では、30を超えるパネルディスカッションやプレゼンテーションも開催。太陽光関連業界のプロフェッショナルたちが集まり、マイクログリッドやE-モビリティについて討論が交わされた。また、ネットワーキングイベントである「Solar Power Developers Night」は、チケット売り切れの満員となり、多くの人々にとって商談のチャンスになったという。更に、同時開催のIntersolar India Conferenceには800名を越える参加者と109名の登壇者が登場した。

Intersolar India Conferenceの登壇者、Kuljit Singh Popli氏(左)とShri. Upendra Tripathy氏(右)

受付では「SOLAR JOURNAL 英語版」も配布。また、Mercom India社がインドの太陽光発電関連市場を分析した白書「INDIA SOLAR MARKET – DECEMBER 2017」を公表し、来場者の多くが冊子を手にした。こちらは、Intersolar Indiaウェブサイト上でも特別にダウンロードすることができる(公式サイト特設ページ)。

勢いのあるインド市場から、今後も目が離せない。

DATA

INTERSOLAR INDIA

関連記事

2015/10/30 | 編集部からのお知らせ

インド政府の太陽光発電政策! 2022年に100GW

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  2. 新・出力制御対策パッケージ。「蓄電池の活用」を強化へ
  3. 経産省、GX推進で新たな国債発行 系統用蓄電池や次世代太陽電池に重点配分...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直しへ
  5. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 自己託送の新規受付を当面停止。「再エネ賦課金逃れ」防止で要件を厳格化へ...
  8. 動き出した国の蓄電池産業戦略 官民一体で生産基盤を強化
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 住宅用太陽光発電システムの搭載率は何%? 戸建と集合住宅では大きな開き...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ