政策・マーケット

太陽電池モジュールの総出荷量が13四半期ぶりにプラス、JPEA発表

太陽光発電協会(JPEA)が、国内の2018年度第1四半期の太陽電池出荷量を発表。太陽電池モジュールの総出荷量は1,378MWで前年同期比103%となり、実に13四半期ぶりにプラスに転じた。

国内出荷量が下げ止まり
外国企業の比率が高まる

太陽光発電協会(JPEA)が、国内の2018年度第1四半期(4~6月)の太陽電池出荷量を調査し、結果を発表した。太陽電池モジュールの総出荷量は1,378MWで、前年同期比103%となり、わずかながら上向いた。総出荷量が四半期ベースでプラスに転じたのは、2014年度第4四半期以来、実に13四半期ぶりのことだ。


出典:太陽光発電協会(JPEA)

モジュールの国内出荷量は、1,257MWで前年同期比99%と、ほぼ横ばい。これまでは3四半期連続で前年同期比2ケタ減が続いていただけに、ようやく下げ止まったといえる。海外出荷量は121MWで、前年同期比173%と大幅に増加した。

モジュール総出荷量のうち、日本企業は768MWで前年同期比100%だったが、外国企業は610MWで前年同期比108%。日本企業と外国企業の比率は、56対44となった。

外国企業と日本企業
明暗が分かれる

国内出荷量を用途別に詳しく見てみると、全体の8割を占める非住宅用が1,020MWで、前年同期比101%。このうち発電事業用が721MWで、前年同期比105%だった。


出典:太陽光発電協会(JPEA)

また、外国企業は住宅用・発電事業用・一般事業用のすべてで前年同期比を上回っているが、日本企業はすべて前年同期比を下回っており、明暗が分かれる結果となっている。

なお、今回の調査対象企業は、以下の通り。35社に調査協力の依頼をし、32社から回答を得たという。

調査対象企業(50音順)
旭硝子、Upsolar Japan、REC Solar Japan、イソフォトンジャパン、イワテック、インリー・グリーンエナジージャパン、ウエストホールディングス、エクソル、エスパワー、LS産電、カナディアン・ソーラー・ジャパン、カネカ、京セラ、クリーンベンチャー21、サンパワージャパン、サニックス、サンテックパワージャパン、JA、ソーラー・ジャパン、シャープ、鈴与マタイ、ソーラーフロンティア、WWB、長州産業、東芝、トップ・ランナー、ネクストエナジー・アンド・リソース、ノーリツ、パナソニック、ハンファQセルズジャパン、日立アプライアンス、三菱電機、明成商会、リープトンエナジー、LIXIL、Looop

DATA

太陽光発電協会(JPEA)

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  8. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. 卒FITに関する意識調査、期間満了後どうなるのか理解しているのは4割

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース