政策・マーケット

世界が目指すサスティナビリティ「RE100」加盟には意外な効果も

現在、世界では140社以上が「RE100」に加盟している。再生可能エネルギー100%達成への取り組みを進める中、リターンはどれくらい見込めるのか? また、そのほかに考えられる意外なメリットや効果とは?

前記事:「日本企業8社が「RE100」に加盟、各社のエネルギー計画は?」はコチラ

「RE100」加盟は
エネルギー大量利用の償い?

RE100は、データセンターなどでエネルギーをたくさん使う企業が、贖罪のために参加しているだけではないのか――日本ではそんな認識を持つ人もいるかもしれない。

しかし、世界での認識は全く違う。例えば、海外の環境技術に関する展示会では、日本企業のブースは隅に追いやられ、見向きもされない。

一方で、ヨーロッパ各国の企業はどんどん商談を進め、ビジネスにつなげている。日本の環境技術力は高い、という幻想が打ち砕かれる光景が眼前に広がる。

また、RE100に加盟するグローバル企業の中には、取引先をRE100の趣旨に賛同するサプライヤーに限定しているところも出てきた。加盟社が増える限り、この囲い込みはさらに強くなるだろう。

とは言え、形式的な賛同ではダメだ。自社でも脱炭素化を実践していかない限り、彼らのサプライチェーンには入れない。むしろ、対等にビジネスすらできない――そんな危機感を、特に海外展開を志向する日本企業は、一刻も早く持つ必要がある。

「RE100加盟」により
思わぬ効果が出ることも

企業がRE100について考える際、よくハードルとして挙がるのが、「経営層をどう説得するか」だそうだ。最近でこそ、ESG投資という言葉が日本でも浸透してきた。一方で投資という観点で捉えると、どうしても「リターンはどれくらい見込めるか」というのが、経営層からしばしば問われる。

しかし、中期経営計画でもせいぜい3〜5ヶ年計画。RE100はおよそ30年の長期計画になるため、リターンが正確に見通せないのは自然と考える方がいいだろう。むしろ、RE100加盟の宣言で、これまで接点のなかった高い環境技術力を持つ企業からの提案が増えたり、メディアの取材が増えるといった、思わぬ波及効果も得られるのも魅力の1つだ。


取材・文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  8. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース