政策・マーケット

電解液を用いた強力電池で走る! 世界初の“低電圧スポーツカー”

従来のリチウムイオン電池より5倍もエネルギー密度が高い新レドックス・フロー電池を採用したスポーツEVが、スイスから走り出そうとしている。

メイン画像:QUANT 48VOLT ©Motorward

新時代のエコカーは
液体エネルギー装置を搭載!?

新コンセプトのエコカーの形が整いつつある。スイスの研究開発会社ナノフローセル・ホールディングスが提案する『QUANT 48VOLT』と『QUANTiNO 48VOLT』は、電解液を用いた液体エネルギー装置「bi-ION」を備えた、新時代のEVプロトタイプだ。




QUANT 48VOLT ©Motorward

QUANT 48VOLTは世界初の低電圧スポーツカーにも関わらず、760馬力、2,000ニュートンメートルの最大トルクで、時速100kmまで2.4秒で加速可能。さらに、時速300kmの最高速度と1,000kmの航続距離を併せ持つ。



低電圧システムは、高電圧に比べて電装部品を簡素化できるメリットがあることに加え、感電対策もそれほどシビアではないため、公道走行許可を得やすい。

これが、エコカーの新たなスタンダードに先鞭をつけるかもしれない。

DATA

Motorward


文/加藤亨延

関連記事

2019/01/07 | 政策・マーケット

CO2削減に向け、実現すべきは「EV100%」

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  6. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース