編集部からのお知らせ

世界初! “走行しながらEV充電”できる道路がスウェーデンで開通

世界で初めて、走行しながらEVバッテリーの充電ができる電気道路が開通した。既存道路にも導入可能で、EVの普及拡大を後押ししてくれそうだ。

アイキャッチ:©eRoadArlanda

運転中でもEV充電!?
世界初の”電気道路”

スウェーデンの首都ストックホルム近郊で、2018年4月、電気自動車(EV)のバッテリーを走行中に充電できる電気道路が世界で初めて開通した。

この道路には送電網とつながったレールが敷設されており、EVに装着した可動式アームがこのレールと接触することでエネルギーが移動し、車両のバッテリーを充電する仕組み。既設道路にも短期間かつ低コストで導入でき、様々なEVの充電に利用できることからニーズが見込まれている。

©eRoadArlanda

DATA

eRoadArlanda


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  2. 太陽光発電 市町村の約4割でトラブルが発生、2割近くで未解決
  3. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  4. 新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要
  5. 【FIPの進化形】時代はFIP移行+蓄電池へ! 新たなビジネスモデルを探る
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  8. 【PVビジネスセミナーレポート】Non-FIT時代にどう対応? PPAと蓄電池ビジネス最前線...
  9. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ