編集部からのお知らせ

ロンドン、排ガス規制区域を拡大。EVへの切り替え進む?

自動車の普及により、地球の環境は大きく変化した。その問題を解決すべく、ヨーロッパ各国は2021年にCO2排出量規制を強化するとされている。イギリス・ロンドンでの排ガス規制の取り組みに注目しよう。

上の画像:EVバスに乗り込むロンドンのサディク・カーン市長。©Greater London Authority

排ガス規制ゾーンをさらに拡大
進むロンドンのゼロエミッション化

ロンドン市が車の排ガス規制区域をさらに拡大する。2019年4月より同市中心部では「超低排出ゾーン(ULEZ)」が敷かれ、排ガス規制を満たしていない車両へ通行料の支払いが義務付けられていた。2021年10月からその範囲を南北の環状線まで拡大する。

通行料は車の重さで変動し、障害者用自動車、タクシー、40年超のクラシックカーなどは除外となる。市内を走る2階建て路線バスもEV車両に切り替えが進む。


文:Yukinobu Shuzui

SOLAR JOURNAL vol.37(2021年春号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 参加受付中!】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  5. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  6. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  7. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 2024年度の脱炭素ビジネス【発電側課金・脱炭素オークション・非化石価値取引】...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ