政策・マーケット

『007』最新作に登場予定の車はコレだ! 高性能EV「ラピードE」の魅力とは?

高級スポーツカーメーカーとして知られるアストンマーティンは、初の電気モデル(EV)となる「ラピードE」の生産バージョンを世界初公開した。この「ラピードE」は、人気映画シリーズ『007』の次回作で、主人公が乗るボンドカーになる予定だ。その魅力に迫る!

長い歴史と最新技術が
ミックスした老舗メーカー!

アストンマーティンは、100年以上の長い歴史を誇るイギリスの高級スポーツカーメーカーだ。レースでも活躍し、ル・マン24時間レースでも華々しい活躍を演じてきた。

また、ジェームズ・ボンドが主役を務めるアクション映画、『007』シリーズでは「DB5」を筆頭に、多くのアストンマーティンが「ボンドカー」として登場している。そして2020年春に公開予定の『007』次回作でボンドカーに選ばれたのは、アストンマーティン初のEV(電気自動車)スポーツクーペとなる「ラピードE」だ。

選ばれた理由として、監督を務める日系アメリカ人のキャリー・フクナガ氏が、環境保全/環境保護活動に力を入れていることが挙げられる。2020年には地球にやさしい、CO2排出ゼロのEVボンドカーが誕生する。ステアリングを握るのはボンド役のダニエル・クレイグ氏だ。ボンドカーには秘密兵器や驚きの仕掛けが施されるだろう。



155台だけが限定生産される「ラピードE」のスペシャルエディションは、リアに2基の電気モーターを搭載し、800Vのエレクトリカルシステムで駆動する。5,600以上のリチウムイオンバッテリー(18650形式の円筒形セル)を搭載し、バッテリー容量は65kWhだ。モーターの最高出力は610ps以上、最大トルクは950Nmで、驚異的な加速を見せるという。

スポーティで上質な雰囲気のインテリア。高性能EVなので250km/hに達すると電子リミッターが作動する。

10インチのデジタルディスプレイを配し、充電状態やエネルギー消費量なども瞬時に分かるようになっている。

新しい燃費基準のWLTPモードで約322km走行できる。急速充電器なら1時間あたり約500kmのレートで充電可。


取材・文/片岡英明
写真/アストンマーティンジャパン

SOLAR JOURNAL vol.29(2019年春号)より転載

  • 関連記事

    アクセスランキング

    1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
    2. 11/19(火)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
    3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
    4. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
    5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
    6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
    7. 12/3(火)開催PVビジネスセミナー「主力電源化への展望と高効率モジュールの役割」
    8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
    9. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
    10. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!

    フリーマガジン

    「SOLAR JOURNAL」

    vol.31 / ¥0
    2019年10月31日発行

    お詫びと訂正

    ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース