注目キーワード

政策・マーケット

ネクストエナジーがCDP認定パートナーに認定! 日本国内で初

ネクストエナジーは、2020年からCDPの認定パートナー企業となった。これは国内初の認定で、同社のCO2削減に対する多くのソリューションが評価された結果だ。CDPやSBT、RE100などに報告可能な数々のサービスは、CDP回答企業からの評価も高い。

CDP認定は国内初の快挙!
回答企業からの推薦による

12月26日、ネクストエナジー・アンド・リソースは、2020年よりCDPと再生可能エネルギー導入に関する認定ソリューションプロバイダーとして、パートナーシップを締結すると発表した。これは、複数のCDP回答企業からの推薦によって、同社のCO2削減ソリューションの実績が認められたことによるものだ。

国際イニシアチブ「RE100」などを展開するCDPの認定を受けるためには、世界各国でサービスの品質が一定基準を満たすことが条件とされ、限られた事業者のみに許された認定だ。同社は、日本国内で初のCDP認定を受けた再生可能エネルギー関連サービスの提供事業者となる。

同社はこれまで、気候変動対策として設けられたCO2削減目標に対して、具体的なソリューションを多岐に渡り展開してきた。環境配慮型電力プラン「グリーナでんき」や、グリーン電力証書などの提案を行っている。特に、「グリーナでんき」の電力プランは、CDPの質問書や、事業活動に使用する全ての電気を再生可能エネルギーとすることにコミットする、国際イニシアチブ「RE100」への要件をクリアしているという。

こうした総合的な取り組みが、CDP回答企業に評価され、今回の国内初のCDPパートナーシップ認定につながったものと思われる。


2018年Aリストは国内20社
「環境配慮型」経営の促進に期待

CDPとは、投資家や企業、自治体などが環境への影響を管理するためのグローバルな情報開示システムを運営する国際NGOだ。イギリス・ロンドンを拠点としており、「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(Carbon Disclosure Project)」がその前身だ。

気候変動が企業活動に与えるリスクの観点から、毎年主要な企業に対して質問書を交付している。企業は、自社のCO2排出等に対する取組みについて、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」などの分野から回答し、最高位A、A-、B、B-、C、C-、D、D-の8段階で評価される。2019年5月に公表された「CDP気候変動レポート2018」では、20社の日本企業が最高位のAリストに選出されている。

ネクストエナジーの国内初のCDPパートナーシップ認定によって、「環境配慮型」の経営を目指す企業のさらなるサポート強化に期待できそうだ。

DATA

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社



文/山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  3. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  4. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  5. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  6. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  7. “おうち時間は再エネで” 再エネ新電力に切り替えよう!
  8. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  9. ファーウェイの住宅用パワコンと蓄電池がJET認証を取得。国内販売をスタート!...
  10. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース