注目キーワード

政策・マーケット

温室効果ガス排出量は2018年度も減少! 国内企業の脱炭素化も、より活発に

2018年度の国内の温室効果ガス総排出量は、5年連続で減少。暖冬の影響もあったものの、省エネや再エネの転換が、確実に功を奏している。国内企業の「CO2フリー電力」への切り替えも目白押しだ。

前年度比3.9%の減少
1990年以来、最小値を更新

4月14日、環境省が発表した2018年度の温室効果ガス排出量(確報値)によると、総排出量は前年度の12億9,100万トンより5,100万トン減少し、3.9%減という結果だ。CO2換算で、12億4,000万トンとなり、2013年度比で12.0%、2005年度比で10.2%減少したことになる。

環境省は、この減少の要因を以下としている。電力の低炭素化に伴う電力由来のCO2排出量が減少したこと。さらに、省エネの推進や暖冬により、エネルギー消費量そのものが減少したこと。こうした影響によって、エネルギー起源のCO2排出量が減少したという。

温室効果ガスの総排出量は、2014年度以降5年連続で減少している。2018年度は、排出量の算定を始めた1990年度以降で最小の値となった。実質GDPあたりの総排出量も6年連続で減少し、省エネや再エネへの切り替えなど、各所の努力が実を結んでいる。


大塚製薬グループ、電力切り替え
国内全工場でCO2フリー電力に

国内企業でも、CO2排出量削減の取組みが加速している。4月27日、大塚製薬ホールディングス株式会社と大塚製薬株式会社は、国内の全工場に「CO2フリー電力」を導入したと発表した。2020年4月から、群馬県の高崎工場と佐賀県の佐賀工場に導入し、CO2の年間総排出量の約52%にあたる44,000トンの削減を見込む。

大塚製薬グループでは、2019年7月から、再生可能エネルギーを由来とする「CO2フリー電力」を導入している。大塚製薬の工場だけでなく、同グループの大鵬薬品工業、大塚化学、大塚食品の徳島県の工場・研究所において先駆けて導入していた。

同グループは「2030年にCO2排出量30%削減」を目標に掲げている。今後もコージェネレーションシステムの拡大や、燃料転換などによるエネルギーの最適化を進める予定だという。温室効果ガスの排出量削減にとって、追い風となる取組みは、これからも一層期待できそうだ。


DATA

大塚製薬ニュースリリース
環境省 2018年度の温室効果ガス排出量(確報値)について


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  6. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  9. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース