注目キーワード

政策・マーケット

CO2フリーの電力を地産地消! 山形県で水力発電所由来の電力の利用強化へ

東北電力が、山形県内で再生可能エネルギーの利用を強化する。水力発電所由来の電力はCO2フリーで、企業のPRなどに活用可能だ。通常の電力料金に追加コストが発生するものの、かなり低い水準に抑えられている。

県内の水力発電所の電気
電力の地産地消でCO2削減も

7月22日に発表された、東北電力株式会社の新たな電力プランは「やまがた水力プレミアム」。山形県企業局の水力発電所で発電された電気を、県内の特別高圧・高圧の需要家に販売する。CO2排出量の削減といった需要家のニーズを満たすと同時に、再生可能エネルギーの地産地消を実現する。

再生可能エネルギーによる電気はCO2を排出しないため、環境意識の高い需要家の間でニーズが高まっている。こうした電気へ切り替えるメリットは、企業のイメージアップだけにとどまらない。「地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)」といった国への定期報告にも活用できる。

CO2フリープラン「やまがた水力プレミアム」では、需要家は東北電力の通常の電力契約に加えて、環境価値に相当する料金を払う。2020年度の価格は2.20円/kWhで、2020年9月から2022年3月末までの使用電力が対象だ。募集上限は2億9,800万kWh、申込期間は2020年7月22日から2021年9月30日。募集上限に達した場合には受付を終了する。

「やまがた希望創造パワー」は
対象を全需要家に拡大

同日、山形県の産業・経済の振興のための電力メニュー「やまがた希望創造パワー」の対象拡大も発表された。これは再生可能エネルギー由来の電気で、2018年4月から東北電力と山形県が共同で提供している。対象は県内の製造業で、県企業局の水力発電所で発電された電気だ。

今回、製造業に限定されていた対象が、業種問わずすべての需要家に拡大された。法人に加え個人事業主も対象となる。対象期間、募集上限、申込期間は「やまがた水力プレミアム」と同様。対象である7つの電力料金プランの電力量料金単価が、約6%割引される。申込先は山形県企業局で、東北電力ではないため注意が必要だ。

再生可能エネルギーによる電力メニューは、ほとんどの大手電力会社で取り扱いされている。再エネ電力100%での事業活動をコミットする国際イニシアチブ・RE100の参加企業が増加し、需要家の意識は高まりを見せる。再エネの主力電源化に向かって、市場を大きく動かす追い風になりそうだ。

DATA

東北電力株式会社プレスリリース


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  6. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  7. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  8. 洋上風力の「有望区域」今年度も4か所を選定。青森沖など東北が中心
  9. 太陽光発電プロジェクト入札「世界最低価格」が更新
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース