注目キーワード

政策・マーケット

東北電力、家庭向けCO2フリー電力を供給! 東北6県と新潟で

家庭からでるCO2排出量は、日本全体の約15%を占める。東北電力が、家庭のCO2排出を減らすために新たなプロジェクトを行っている。環境保全を経営の重要課題に据える同社の取り組みとは?

家庭向けCO2フリープラン登場
「ecoでんきプレミアム」

東北電力株式会社による「東北電力 エコなくらしプロジェクト」は、CO2排出量の削減や環境負荷の低減につながるアクションだ。家庭向けCO2フリー電力プランを含む3つのアクションを行っている。10月から、東北6県と新潟県内の家庭向けにサービスを始めた。

1つ目のアクションは、家庭向けの再エネ100%電力プラン「ecoでんきプレミアム」の提供。「ecoでんきプレミアム」とは、電気料金にCO2フリー価値分の料金を上乗せすることで、水力発電所や地熱発電所に由来する電気を供給するプランだ。使用電力量1kWhあたり3.30円(税込)が上乗せされる。

「ecoでんきプレミアム」に加入すると、電気使用のCO2排出量がゼロである証明書が発行される。また、再生可能エネルギー発電所のツアーなど4つの加入特典が用意されており、電気料金の一部は環境保全活動や地元企業の支援に活用される。

WEBサービスでポイント付与
東北の復興にもつながる

2つ目のアクションは、電気の検針票や使用量明細をインターネット上で確認できるサービス。これは2021年4月から順次進められる予定だ。東北電力のWEBサービス「よりそうeネット」のほか、事前申込不要の専用サイトで確認できる。

3つ目は、ヒートポンプ機器の導入サポートだ。深夜電力を利用してお湯を沸かすヒートポンプ式給湯器やIHクッキングヒーター、東北電力が推奨するヒートポンプエアコンが対象。条件を満たせば「よりそうeネット」の10,000ポイントが抽選で当たる。

「よりそうeネット」とは、東北電力の家庭向けWEBサービスで、登録料・年会費無料で使用できる。インターネット上で電気料金が確認できるほか、電力プランの変更や各種手続きもできる。利用に応じてポイントも付き、たまったポイントは東北地域の復興・支援につながる地元産品などに交換できる。

DATA

「東北電力 エコなくらしプロジェクト」


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 脱炭素社会の実現へ、2022年は波乱と格差の年になる?
  5. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  6. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  7. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  8. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  9. 他社間の自己託送、ついに解禁! 組合設立や再エネ電源の新設などの要件とは?...
  10. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース