スマート関連

ドイツで競演! 2020年の主役は”近未来EVコンセプトカー”

ディーゼル車の排ガス不正問題が引き金となり、ヨーロッパの自動車メーカーは一気に電動化へとシフト。2019年9月に開催されたフランクフルト・モーターショーでは自動車を取り巻く状況に対する自動車メーカーの方向性が明らかになり、最新の電動化技術を採用したEVコンセプトカーが数多く出品された。

多様化する“近未来EV”

2020年代後半からの主役は、モーターに高性能電池を組み合わせたEVに自動運転やコネクテッドなどを加え、地球に優しく、快適に移動できるエコカーだ。フランクフルト・モーターショーではドイツメーカーが中心となり、近未来のEVコンセプトカーが数多く参考出品された。

VWアウディグループはEVシフトを鮮明にしている。アウディはe-tronの発表以降、積極的に電動化を推し進めてきた。その第4弾となるのが、電動、4WD、自動運転機能を備えたクロスオーバーSUVのAI:TRAILクワトロだ。

フォルクスワーゲンはIDシリーズの量産型ID.3を発表し、予約受注を開始した。また、EVレーシングカーのID.Rの最新仕様を展示している。

BMWは2025年までに25もの電動モデルを投入すると発表。会場にはプラグインハイブリッド車のビジョンMネクストや水素燃料電池車を出品した。ポルシェもスポーツEVのタイカンを、メルセデス・ベンツも電動車ブランドのビジョン「EQ」のSクラス、EQSをワールドプレミアしている。

DATA

Audi AI:TRAILクワトロ

4機のモーターのシステム最高出力435psを誇る4WDのEVオフローダーで、航続距離は400km以上だ。悪路を250km/hで駆け抜ける実力を秘めている。

フォルクスワーゲン ID.R

680psを発生するツインモーターのEVレーシングカーで、ボディはカーボンファイバー製だ。

フォルクスワーゲン ID.3

ショーで人気を独占した21世紀のビートルがID.3。3種類の電池仕様を用意し、ベース車は3万ユーロ以下だ。2020年夏から納車を開始する。

BMW ビジョンMネクスト

電動化した「M」ブランドのコンセプトカー。4気筒のターボにモーターを加え、600psを誇る。


取材・文/片岡英明

SOLAR JOURNAL vol.31(2019年秋号)より転載

関連記事

2019/01/07 | 政策・マーケット

CO2削減に向け、実現すべきは「EV100%」

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  9. 東電、再エネ発電部門を分社化「東京電力リニューアブルパワー」誕生!
  10. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース