スマート関連

ドイツで競演! 2020年の主役は”近未来EVコンセプトカー”

ディーゼル車の排ガス不正問題が引き金となり、ヨーロッパの自動車メーカーは一気に電動化へとシフト。2019年9月に開催されたフランクフルト・モーターショーでは自動車を取り巻く状況に対する自動車メーカーの方向性が明らかになり、最新の電動化技術を採用したEVコンセプトカーが数多く出品された。

多様化する“近未来EV”

2020年代後半からの主役は、モーターに高性能電池を組み合わせたEVに自動運転やコネクテッドなどを加え、地球に優しく、快適に移動できるエコカーだ。フランクフルト・モーターショーではドイツメーカーが中心となり、近未来のEVコンセプトカーが数多く参考出品された。

VWアウディグループはEVシフトを鮮明にしている。アウディはe-tronの発表以降、積極的に電動化を推し進めてきた。その第4弾となるのが、電動、4WD、自動運転機能を備えたクロスオーバーSUVのAI:TRAILクワトロだ。

フォルクスワーゲンはIDシリーズの量産型ID.3を発表し、予約受注を開始した。また、EVレーシングカーのID.Rの最新仕様を展示している。

BMWは2025年までに25もの電動モデルを投入すると発表。会場にはプラグインハイブリッド車のビジョンMネクストや水素燃料電池車を出品した。ポルシェもスポーツEVのタイカンを、メルセデス・ベンツも電動車ブランドのビジョン「EQ」のSクラス、EQSをワールドプレミアしている。

DATA

Audi AI:TRAILクワトロ

4機のモーターのシステム最高出力435psを誇る4WDのEVオフローダーで、航続距離は400km以上だ。悪路を250km/hで駆け抜ける実力を秘めている。

フォルクスワーゲン ID.R

680psを発生するツインモーターのEVレーシングカーで、ボディはカーボンファイバー製だ。

フォルクスワーゲン ID.3

ショーで人気を独占した21世紀のビートルがID.3。3種類の電池仕様を用意し、ベース車は3万ユーロ以下だ。2020年夏から納車を開始する。

BMW ビジョンMネクスト

電動化した「M」ブランドのコンセプトカー。4気筒のターボにモーターを加え、600psを誇る。


取材・文/片岡英明

SOLAR JOURNAL vol.31(2019年秋号)より転載

関連記事

2019/01/07 | 政策・マーケット

CO2削減に向け、実現すべきは「EV100%」

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  3. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  4. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  8. 新潮流「JHS」が自家消費を加速させる! カギとなる2大ソリューションとは?...
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース