注目キーワード

スマート関連

ボディが目的に合わせて伸縮する!? ルノーの次世代EV「MORPHOZ(モルフォズ)」

ルノーが提案する次世代の電動コンセプトカーが「MORPHOZ(モルフォズ)」だ。すべての限界を取り払った画期的なEVで、バッテリー容量を簡単に増やせるだけでなく、ボディの長さを使用目的に応じて変えることができる。MORPHOZの設計思想を落とし込んだ刺激的な新型EVは、数年のうちにベールを脱ぐだろう。

ボディが伸縮する
新発想の次世代EV


リサイクル素材をフロアなどに採用し、環境にも配慮。助手席は回転させて後席と対面配置にすることも可能だ。

ダイナミックなデザインの「MORPHOZ」の革新的なところは、ニーズや用途にパーソナライズするためにすべての限界を取り払ったことだ。最先端のメカニズムを積極的に採用したピュアEVで、新しいドライブ体験を提供する。ルノーと日産/三菱のアライアンスから生まれたEV用の新設計モジュールプラットフォームを採用し、「シティモード」のバッテリーパックの容量は40kWhだ。1回の充電で、最大400kmの航続距離を可能にする。 


大きく回り込んだリアランプの下からバンパー部分が後方に延びる。全長は400㎜長くなり4800㎜に。

だが、40kWhだと長距離ドライブでは心もとない。そんなときは「トラベルモード」を選ぶことができる。これが最大の特徴で、ボディの前後とホイールベースが延び、リアシートも後方にスライドして居住空間も荷室も広くなる。そして最寄りのバッテリースタンドに行き、延ばしたボディの床下に50kWh分のバッテリーパックを追加するのである。バッテリーはあわせて90kWhになるから、高速道路で700kmの走行が可能だ。 

MORPHOZはレベル3の自動運転機能を搭載していて、ステアリングから手を離しての自動運転もできる。複数の最新機能をあわせ持つ魅力的なEVが誕生した。


観音開きのドアは、ドライバーが手を振るとロックが解除され、自動的に開く。ピラーレスだから乗り降りもしやすい。


取材・文/片岡英明

SOLAR JOURNAL vol.33(2020年春号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. 2021年夏、予備率3%台が予想されるエリアも。冬季の需給見通しも厳しく
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  10. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース