注目キーワード

スマート関連

ボディが目的に合わせて伸縮する!? ルノーの次世代EV「MORPHOZ(モルフォズ)」

ルノーが提案する次世代の電動コンセプトカーが「MORPHOZ(モルフォズ)」だ。すべての限界を取り払った画期的なEVで、バッテリー容量を簡単に増やせるだけでなく、ボディの長さを使用目的に応じて変えることができる。MORPHOZの設計思想を落とし込んだ刺激的な新型EVは、数年のうちにベールを脱ぐだろう。

ボディが伸縮する
新発想の次世代EV


リサイクル素材をフロアなどに採用し、環境にも配慮。助手席は回転させて後席と対面配置にすることも可能だ。

ダイナミックなデザインの「MORPHOZ」の革新的なところは、ニーズや用途にパーソナライズするためにすべての限界を取り払ったことだ。最先端のメカニズムを積極的に採用したピュアEVで、新しいドライブ体験を提供する。ルノーと日産/三菱のアライアンスから生まれたEV用の新設計モジュールプラットフォームを採用し、「シティモード」のバッテリーパックの容量は40kWhだ。1回の充電で、最大400kmの航続距離を可能にする。 


大きく回り込んだリアランプの下からバンパー部分が後方に延びる。全長は400㎜長くなり4800㎜に。

だが、40kWhだと長距離ドライブでは心もとない。そんなときは「トラベルモード」を選ぶことができる。これが最大の特徴で、ボディの前後とホイールベースが延び、リアシートも後方にスライドして居住空間も荷室も広くなる。そして最寄りのバッテリースタンドに行き、延ばしたボディの床下に50kWh分のバッテリーパックを追加するのである。バッテリーはあわせて90kWhになるから、高速道路で700kmの走行が可能だ。 

MORPHOZはレベル3の自動運転機能を搭載していて、ステアリングから手を離しての自動運転もできる。複数の最新機能をあわせ持つ魅力的なEVが誕生した。


観音開きのドアは、ドライバーが手を振るとロックが解除され、自動的に開く。ピラーレスだから乗り降りもしやすい。


取材・文/片岡英明

SOLAR JOURNAL vol.33(2020年春号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 改正温対法の「ポジティブゾーニング」とは? 許認可をワンストップとする特例も...
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. 太陽光発電、導入量米国No.1! カリフォルニア州の注目制度、CSIとは
  10. 第6次エネルギー基本計画の素案まとまる! 2030年エネルギーミックス暫定版も提示...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース