注目キーワード

スマート関連

<アップル>再生可能エネルギーのみで全世界のビジネスをカバーする!?

温室効果ガスの削減目標に向けて、企業が様々な努力をしている。アップルでは再生可能エネルギーだけで全世界のビジネスをカバーするプロジェクトが進行中だ。

メイン画像:アップルが新設する「ソーラーファーム California Flats」。新社屋「アップル・パーク」の屋上に設置した太陽光パネルと併せて、本社屋に電力を供給している。©Apple

California Flats solar farm

再生可能エネルギーだけで全世界のビジネスをカバーするプロジェクトがアップルで進行中だ。今年3月、同社は世界中の製造パートナー110社以上が、アップル製品の製造に使用する電力を100%再生可能エネルギーに切り替えていくことを発表した。これが実現すれば、8GWのクリーンエネルギーが調達され、年間1500万トンの温室効果ガス削減につながる。同社は、自社で消費する電力については再生可能エネルギーで賄っており、企業活動に限ればすでにカーボンニュートラルを達成している。

しかし、スマートフォンやタブレットの製造工程で最も電力を消費するのは、実は半導体とディスプレイだ。そのため、同社は昨年7月、2030年までに製品ライフサイクルを含む全ての事業において、カーボンニュートラルを目指すことを表明していた。今後は、再生可能エネルギーの経験が乏しいサプライヤーに対して、導入のアドバイスを行いながら、切り替えを求めていく。

また同社の本拠地があるカリフォルニア州では、「California Flats」という米国最大級の蓄電施設の建設が進む。再生可能エネルギーを安定的に供給するためだ。同社がカリフォルニア州で使うエネルギーの全量を生み出す130MW相当のソーラーファームに対応しており、日中の余剰電力を貯めておき、必要な時に使える仕組みとなっている。


文:守隨亨延

SOLAR JOURNAL vol.38(2021年夏号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  3. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  4. 急拡大する地熱発電、「日本のポテンシャルは世界3位」海外研究機関が太鼓判...
  5. 9月13日(月)Zoom開催決定! 太陽光のアセスメントを考える「PVビジネスセミナー」...
  6. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...
  9. 第6次エネルギー基本計画の素案まとまる! 2030年エネルギーミックス暫定版も提示...
  10. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース