注目キーワード

太陽光発電

世界最大級!? 単結晶モジュールの時代が到来! 

LONGi(ロンジ)は、世界最大級の単結晶シリコン製品専業メーカーだ。ポストFITも視野に入れ、高性能・高品質な太陽光発電システムを日本市場に普及させるべく、単結晶モジュールの常識を覆 す製品を開発した。

独自の単結晶モジュールは
まさに研究開発の結晶

ロンジグループは、インゴットからモジュールまでを一貫生産している世界最大級の単結晶シリコン製品専業メーカーだ。

これまで同グループは、様々なモジュールメーカーへ優れた材料を供給してきた。その結果、ウエハ、セルの世界累計出荷量は、すでに10GW以上に達している。

さらに、2014年に傘下に加えたLERRI Solar Technology社を母体としたモジュール事業をグローバルに展開しており、付加価値の高い単結晶モジュールを累計3・2 GW出荷している。

単結晶シリコン太陽電池は、純度の高さに加えて結晶粒界に起因するエネルギーロスがないため、高い変換効率を実現でき、高温時や曇天・朝夕の出力低下が、多結晶シリコン太陽電池に比べて少ない。

市場では「単結晶モジュールは産業用に採用するには高価」というイメージが定着しているかもしれないが、変換効率の高さと実発電量の優位性によって必要なモジュール枚数を削減できるため、用地面積、必要部材(架台・ケーブルなど)および工期が削減でき、発電所建設のトータルコストを抑えることが可能だという。

また、同社は昨年、最新のモジュール製造工場を建設。最適化された生産プロセスと効率的な運用管理により、高品質かつ価格競争力をそなえた製品を製造している。

そのほか、品質管理プロセスについても、工場内の環境管理や厳格な検査基準に基づく運用を行っており、「マイクロクラックなどが発生しないよう細心の注意を払い、入念な検査をパスした製品のみを出荷しています」と、同社担当者は品質に対する大きな自信をのぞかせる。

加えて、インゴットからウエハ、セル、モジュールまで一貫した品質管理や技術開発が行えることも、同社の強みといえるだろう。

2017年からは、FIT価格低減への対応と品質の高さが同時に求められる日本市場へ本格的に参入し、1GWの出荷を目指して最適なソリューションを提供する考えだ。単結晶モジュールの常識が変わる時が近づいている。

12>

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 動き出した需要家主導の「再エネ主力電源化時代」
  3. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 初期導入コストが安い! SmartPVの新サービス 「WEBカメラ」が好評!
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース