太陽光発電

LooopのO&Mサービスを選ぶ理由とは?

Looop14_02

低コストで遠隔監視できる!

「みえるーぷ」を導入すれば、発電所のオーナーはどんなに離れた場所に発電所を設置しようとも、情報端末で簡単に遠隔監視できる。情報端末=自宅のPCはもちろん、スマートフォンやタブレットから、いつでもどこでも発電量を気軽にチェックできるのだ。また、パワコン20台まで管理できるので大規模な設備にも適用できる。

「みえるーぷ」は、24時間365日、アラート情報をメールやWeb表示で告知。日々の発電量のチェックはもちろん売電状況の確認などを、発電所単位、パワコン単位などでグラフ表示やデータ表示可能。さらに、保守契約をすると、アラートを監視している監視センターから担当者または提携先エンジニアが現場に駆けつけてくれる。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース