太陽光発電

LooopのO&Mサービスを選ぶ理由とは?

Looop14_02

低コストで遠隔監視できる!

「みえるーぷ」を導入すれば、発電所のオーナーはどんなに離れた場所に発電所を設置しようとも、情報端末で簡単に遠隔監視できる。情報端末=自宅のPCはもちろん、スマートフォンやタブレットから、いつでもどこでも発電量を気軽にチェックできるのだ。また、パワコン20台まで管理できるので大規模な設備にも適用できる。

「みえるーぷ」は、24時間365日、アラート情報をメールやWeb表示で告知。日々の発電量のチェックはもちろん売電状況の確認などを、発電所単位、パワコン単位などでグラフ表示やデータ表示可能。さらに、保守契約をすると、アラートを監視している監視センターから担当者または提携先エンジニアが現場に駆けつけてくれる。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 11/19(火)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース