太陽光発電

エアコンいらず!太陽光パネル付ブラインドが誕生

屋内に差し込む光を遮るブラインド。これに太陽光パネルを付け、太陽の光を利用して発電が可能なスマートブラインドが誕生した。2017年秋にも量産が始まる予定。

2017年秋にも太陽光パネル付ブラインド量産へ

日当たりのよい窓に設置し、屋内に差し込む太陽光を遮りながら、そのエネルギーを使って発電できる、世界初のソーラーパネル付きスマートブラインド『ソーラー・ギャップス』が開発された。窓の外側もしくは内側に設置でき、太陽を自動追尾して、ブラインドの羽の向きを最適な角度に調整しながら、効率的に発電する仕組みが特徴。窓の外側に設置した場合の1平方メートル当たりの発電量は100ワット時で、これらのエネルギーは、テレビやパソコン、冷蔵庫などの家電製品に利用できるほか、非常用電源として蓄電することも可能だ。2017年6月にはクラウドファンディングを通じて10万3767ドル(約1162万円)を調達し、いよいよ2017年秋に量産を開始する。窓に取り付けるだけで遮光しながら発電できる『ソーラー・ギャップス』は、集合住宅はもとより、オフィスビルや商業施設などでも需要が見込めそうだ。

「ソーラー・ギャップス」のイメージ図

問い合わせ

SolarGaps Inc.

URL: SolarGaps 公式ホームページ(英語)

http://solargaps.com/

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  2. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  3. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  4. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  10. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース