太陽光発電

多雪地域で25MWの大規模案件が進行中!

太陽光発電業界をリードするNCLAVEが、2017年夏より山形県での太陽光発電プロジェクトに架台を提供することが決まった。2017年より施工を開始し、2018年5月の完工を目指している。

NCLAVE JAPAN 株式会社は、山形県内で25MWの太陽光発電プロジェクトに架台を提供する契約を結んだ。固定架台の設計、製造、施工を担当し、経済産業省・東北支部の承認を取得している。2017年8月より施工を開始し、2018年5月の完工を目指す。

Grupo ClavijoとMFV Solarの合併により設立されたNCLAVEは、10年以上の実績を持ち、太陽光業界における固定架台や追尾式架台の設計、製造、施工そしてメンテナンス分野において世界をリードする企業の1つだ。NCLAVE は全大陸でオフィスと製造拠点を展開し、40ヶ国において2.5GW以上の実績を有するグローバル企業だ。今後数ヶ月の間に700MWの施工が予定されており、太陽光発電業界を牽引し続けている。

「本案件の設計では、多雪地域であること、さまざまな角度の地盤傾斜そしてエリアごとに異なる土壌性質の3つを考慮し設計する必要がありました。NCLAVE JAPANの柔軟性の高い架台デザインと自社による施工は、ステークホルダーにとっても非常に重要な要素となります。」とカントリーマネージャーのAlvaro Estelles氏は語る。

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  3. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  4. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 新潮流「JHS」が自家消費を加速させる! カギとなる2大ソリューションとは?...
  8. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース