注目キーワード

太陽光発電

変換効率アップを実現 CSUNから新パネルが登場!

中電電気(南京)光伏有限会社(CSUN)は、近日中に、正式に280W単結晶モジュールの販売を開始すると発表した。

CSUN、変換効率アップを実現した
5本バスバー280W単結晶モジュールを開発

CSUNは2004年設立。今年4月に太陽電池関連事業等を手掛けるフェローテック(Ferrotec)と連携し、日本支社であるCSUN Japanソーラーエナジーを設立している。

この製品は60枚単結晶セルにより構成され、定格出力は280W以上に達し、市場で主流の270Wモジュールよりも高い光電転換能力を持つという。現段階でテスト生産を完了し、今年末に量産販売する予定。

転換効率の上昇により、同様の設置面積であるモジュール陣列の発電量を大幅に高め、運送、工事、保守のコストも大幅に下げた。設置面積に限りがある環境、たとえば住宅および産業用の屋上プロジェクトに適合する。

今回の高転換効率280W製品は、CSUNが自社で研究開発し、特許申請中の5本バスバー電極構造セルを使用している。

同社リリースでは、「一般的な3本バスバー電極構造モジュールに比べて、5本バスバーの方がより有効な電流伝送能力を持ち、バスバーの断裂を防ぐ。また、電池セルの光電転換効率およびモジュールの組み立て効率を高める事ができ、製品全体の変換効率アップを実現し、発電量も安定させる」という。


CSUN SOLAR
http://www.csun-solar.com/

関連記事

アクセスランキング

  1. 業界初! ソーラージャーナル主催 「オンライン展示会&カンファレンス」開催中!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 雑草対策の切り札「防草シート」の性能を支える施工品質へのこだわりとは?...
  4. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  5. 開催中!アフターコロナの太陽光市場がわかる「PVビジネスセミナーONLINE」...
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  8. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  9. 新たに創設された容量市場制度。活性化に向けた措置とは?
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース