編集部からのお知らせ

敷居が高い再エネ導入を身近に。猫型の壁掛け太陽光パネルが登場!

太陽光発電に興味を持っても、導入するにはなかなか敷居が高いのが現実ではないだろうか。そんな再生可能エネルギーを身近な存在にしてもらおうと、アメリカからユニークな太陽光パネルが登場している。

メイン画像:壁掛け式の小型太陽光パネル「ソーラーキャット」。スイッチを入れると小型モデルハウスに電力供給される他、USBポートからスマホの充電も可能。 ©Grouphug

猫型太陽光パネルに込められた
“ソーラーを身近に”という思い

ニューヨークの科学館ホール・オブ・サイエンスに入ると、窓に掛けられた猫型太陽光パネルが目に飛び込んで来る。同館で太陽光発電についての展示に電力供給をする、グループハグ社の創業者クリスタル・ペルソー氏によって開発された「ソーラーキャット」だ。同社のコンセプトは、「太陽光をより身近なものに」。なぜなら再生可能エネルギーの導入には、依然として敷居の高さがあるからだ。

同社がニューヨークで行った聞き取り調査によると、多くの人が太陽光発電を「自分専用の屋根がある家でしか持てないもの」だと考えていたという。しかし、ニューヨークでは集合住宅で暮らす人がおよそ100万人いる。そこで同社は、一般向け製品としてスマホなど小型ガジェットを充電できる壁掛けパネル「ウインドー・ソーラー・チャージャー」を開発した。同社は今後も、太陽光発電をより手軽に導入できる仕組みを目指していく。


「ウインドー・ソーラー・チャージャー」は、W10cmxH13cmxD1.25cmの大きさで、10Wおよび3400mAhのバッテリー、1つのUSBポートがついている。 ©Grouphug


文:守隨亨延

SOLAR JOURNAL vol.38(2021年夏号)より転載

関連記事

2017/10/12 | 編集部からのお知らせ

オリックスが太陽光発電事業を加速中!

2014/09/28 | 編集部からのお知らせ

設置するならコレ!おすすめ太陽光発電モデル

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 終了】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  3. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  5. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  6. 【2024年太陽光ビジネス】再エネは「長期安定電源」になる! 事業環境の整備に必須のリパワリング...
  7. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  8. 【地域共生成功モデル紹介】ゼロカーボンビレッジ創出&市民参加型の取り組み...
  9. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  10. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ