編集部からのお知らせ

敷居が高い再エネ導入を身近に。猫型の壁掛け太陽光パネルが登場!

太陽光発電に興味を持っても、導入するにはなかなか敷居が高いのが現実ではないだろうか。そんな再生可能エネルギーを身近な存在にしてもらおうと、アメリカからユニークな太陽光パネルが登場している。

メイン画像:壁掛け式の小型太陽光パネル「ソーラーキャット」。スイッチを入れると小型モデルハウスに電力供給される他、USBポートからスマホの充電も可能。 ©Grouphug

猫型太陽光パネルに込められた
“ソーラーを身近に”という思い

ニューヨークの科学館ホール・オブ・サイエンスに入ると、窓に掛けられた猫型太陽光パネルが目に飛び込んで来る。同館で太陽光発電についての展示に電力供給をする、グループハグ社の創業者クリスタル・ペルソー氏によって開発された「ソーラーキャット」だ。同社のコンセプトは、「太陽光をより身近なものに」。なぜなら再生可能エネルギーの導入には、依然として敷居の高さがあるからだ。

同社がニューヨークで行った聞き取り調査によると、多くの人が太陽光発電を「自分専用の屋根がある家でしか持てないもの」だと考えていたという。しかし、ニューヨークでは集合住宅で暮らす人がおよそ100万人いる。そこで同社は、一般向け製品としてスマホなど小型ガジェットを充電できる壁掛けパネル「ウインドー・ソーラー・チャージャー」を開発した。同社は今後も、太陽光発電をより手軽に導入できる仕組みを目指していく。


「ウインドー・ソーラー・チャージャー」は、W10cmxH13cmxD1.25cmの大きさで、10Wおよび3400mAhのバッテリー、1つのUSBポートがついている。 ©Grouphug


文:守隨亨延

SOLAR JOURNAL vol.38(2021年夏号)より転載

関連記事

2017/10/12 | 編集部からのお知らせ

オリックスが太陽光発電事業を加速中!

2014/09/28 | 編集部からのお知らせ

設置するならコレ!おすすめ太陽光発電モデル

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【募集終了】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  2. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  3. 蓄電池市場は拡大を継続すると見られ、2040年には8兆円超え⁉
  4. 健全化に向けてFIT/FIPのルール強化! 再エネ特措法の改正ポイントは?
  5. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  6. 【電力取引の多様化】一本化で拡大する電力先物の現在地とこれから
  7. 【東京都】2025年の太陽光発電設備設置義務化に向け、「首都圏初」となる設置事例...
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ