注目キーワード

太陽光発電

無線ゆえに低コスト!日本電業工作開発のシステムとは

アンテナメーカーである日本電業工作は、メガソーラーのような大規模太陽光発電システムでも利用可能な太陽光発電設備の広域ストリング監視用の無線センサーネットワーク「電波で見える化DenMoniシリーズ 太陽光発電 ストリング監視システム」を開発した。

このシステムは920MHzの特定小電力無線を利用することで、従来と比較して安価に監視システムの導入ができるのが特徴だ。

現在、国内でも導入が進んでいる太陽光発電は、運用開始後、太陽光パネルやパワコンなどの機器故障や点検後の復旧ミスなどにより、想定した売電ができないというトラブルが数多く発生している。そうしたトラブルを避けるために、機器故障や異常検知を行える監視システムの必要性が高まっているが導入費用や非常に高価であると同時に、すでに設置済みのシステムに追加工事するのが困難であるのが難点だ。

そのコスト高の大きな要因となるのが通信線や電源線の工事費だ。そこで日本電業工作が開発したシステムでは、無線の特性を生かし、低コストで施工できるようになっている。

同社のアンテナを用いることで、従来は難しいとされていた起伏のある丘陵地帯やゴルフ場を超えて1.4kmの通信に成功しており、高利得アンテナを使えば、最大10kmの伝送が実現できるという。また1台の親機で最大30第までの子機と無線接続でき、子機は最大20ストリングの電流を監視できる。さらに低電力設計であるため子機は太陽電池と鉛電池での自立運転が可能で、AC電源のない場所での設置できるのが特徴だ。

その結果、高域太陽光ストリング監視の導入費用を30%軽減が可能になるという。


日本電業工作株式会社
http://www.den-gyo.com
文/藤本健

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース