太陽光発電

JPEA発足30周年! 記念シンポジウムが開催決定

今年も「太陽光発電シンポジウム」(JPEA主催)が12月に行われる。今年はJPEA発足30周年ということもあり、例年以上に充実した内容になるという。テーマは「太陽光を基幹電源に」。JPEA事務局長の増川武昭氏に伺った。

太陽光を基幹電源に
30周年記念シンポジウム開催

12月には、今年も「太陽光発電シンポジウム」(JPEA主催)が待っています。今回は、JPEA発足30周年記念ともなりますので、例年以上に充実した内容にしたいと考えております。テーマは、「太陽光発電を日本の基幹電源に」。この先、太陽光発電産業の自立化に向けたビジネスをどう展開していくべきなのかーー、共に考えてまいりましょう。

第34回太陽光発電シンポジウム詳細

●日時:12月12日(火)~13日(水)
●場所:ヒューリックホール(東京台東区浅草橋)

関連記事はこちら
PVマスター保守点検技術者 新資格制度がスタート

プロフィール

太陽光発電協会 事務局長

増川武昭氏

1985年昭和シェル石油株式会社に入社。原油の調達や電力ビジネスなどを担当。2013年にソーラーフロンティア株式会社に出向し、太陽光発電産業のビジョン策定等に携わる。2017年6月から現職。


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.23(2017年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  7. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース