太陽光発電

VPP(仮想発電所) Cityだ…と…?欧州NO.1企業の戦略

最先端プロジェクトがアメリカで誕生

sonnen社は、現地法人を立ち上げたアメリカアリゾナ州で、革新的な取り組みを始めた。現地の住宅メーカーと組み、3000戸の新築住宅で作る新しい町に丸ごと屋根上の太陽光パネルと蓄電池のセットを導入して電力の融通を行う。sonnenCommunityの拡張版としてのsonnenCityと呼ぶ。
ジャスパーというニュータウンでの壮大な実験は、合計の容量23MWh、出力11.6MWの蓄電池を使うことになる。すべての家はネットワーク化され、原則として再エネだけで電力を賄う仕組みを作り上げた。
天候が悪い日が続けば、系統から電力を調達することもできる。

市場取引への参入モデルはいつ実現するか

老舗といわれるNEXT KRAFT WERKEやシュタットヴェルケを支援するビジネスを手掛ける企業は、風力発電などの大型発電施設などを繋いだVPPビジネスを既に行っている。電力需給調整や
いわゆるしわ取りサービスまでビジネス化されている。VPP関連の各社が目標にするのは、ネットワーク化した蓄電池を使った電力市場取引ビジネスであろう。市場で安く仕入れた電力を充電し、価格が高い時期に利用するモデルである。蓄電池の価格との兼ね合いを見ながら、ネクストターゲットとなっている。
このように、発電、市場、蓄電池のバリエーションで、VPPを始めとした柔軟性に対応するための様々なビジネスモデルがドイツなどで進んでいる。再エネの変動性は困ったことだからと後ろ向きの発想しかないと、日本はあっという間に世界の潮流から乗り遅れてしまうことになる。

今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

プロフィール

北村和也

エネルギージャーナリスト。日本再生可能エネルギー総合研究所(JRRI)代表。エネルギーの存在意義/平等性/平和性という3つのエネルギー理念に基づき、再エネ技術、制度やデータなど最新情報の収集や評価などを行う。
日本再生可能エネルギー総合研究所公式HP

 

『SOLAR JOURNAL』vol.23より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  3. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  4. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 新潮流「JHS」が自家消費を加速させる! カギとなる2大ソリューションとは?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース