太陽光発電

汚れ除去率90%以上! 高性能パネル洗浄剤

太陽光パネルの洗浄をする際、一般に多く使われている真水には、汚れが残りやすいという懸念点がある。ところが、新たに発表された「電解水」を使えば、これまで除去しきれなかった塵や埃などの付着物を90%以上取り除くことが可能になるという。

真水ではパネルの
汚れが落ちきらない!?

屋外に設置されることの多い太陽光パネルは、2年間洗浄せずに放置すると、塵や埃、鳥のフン、黄砂等が付着し、発電量は概ね10%前後も落ちるといわれている。そのため太陽光パネルは定期的な清掃メンテナンスが必須だが、機械の性質上洗剤が使用できず、真水で洗浄を行うのが一般的だ。

しかし、真水の直接噴射による汚れや付着物の除去率は30%前後、人手による拭き取りでも70%前後とされており、発電効率を回復させるには不十分ではないかという問題があった。

そこで、この課題を解くため、太陽光パネルの施工や清掃などの事業を行う株式会社トータルオフィスアウルは、強アルカリ電解水を使った新たなソリューションを発表した。

汚れの除去率90%以上!
パネルにも人にも優しい救世主

強アルカリ電解水は、水を少しずつ濾過しながら化学物質や細菌、ウイルスを取り除いた”純水”を作り、そこから電気分解により生成される。シンプルな構造で人体に害を及ぼす心配もなく、乳幼児の肌に対しても安心だ。

水和性に優れ、不純物の剥離性の高い溶存水素を含む強アルカリ電解水は、直接噴射だけで汚れを90%以上も取り除くことができるため、メンテナンスの省力化やコスト削減にも期待がかかる。

トータルオフィスアウルは、群馬県のO&Mサービス会社として初めて強アルカリ電解水を採用。同社統括部長の金谷氏は「経年による発電量低下を防ぐためにも、パネル洗浄は少なくとも1年に1回、できれば半年に1回はすべき。洗浄の際には、パネル表面を傷める洗剤や洗浄力の弱い真水ではなく、効率的かつ安全に付着物の除去洗浄ができる強アルカリ電解水の使用が好ましい」と話している。

DATA

株式会社トータルオフィスアウル

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース