注目キーワード

太陽光発電

米国の太陽光発電入札制度「RAM」が画期的すぎる!

太陽光発電の発電コストが、従来の化石燃料の発電コストに匹敵するまで低コスト化が進んでいる米国。太陽光発電導入量で米国の半分以上を占めるカリフォルニア州の承認プロセスを簡素化した中規模電源向け再生可能エネルギーオークション法(RAM)とは?

前記事 電力消費者の負担を抑制!米国の太陽光入札制度に迫る

承認プロセスを簡素化した
中規模電源向けRAM

2つ目は再生可能エネルギーオークション法「RAM(The Renewable Auction Mechanism)」と呼ばれるもので、競争入札を簡素化したものである。配線網に接続される3MW以上20MW未満の中規模電源が対象となる。電力会社別の公募枠に対して最も安価な札を入れたプロジェクトから順次、入札全体の募集容量に達するまで採用されていく。しかし、低価格の他に接続契約や運転開始期限なども考慮に含まれる。

RAMは入札プロセスが簡素化されているので、入札実施からCPUCの承認までのプロセスにかかる時間がRFPと比べて約分の1となっている。CPUCによると、第1回と第2回のRAM公募には募集容量の10倍以上にも上る応募があったそうだ。2011年に行われた第1回の入札価格はすでに9セント/kWhを下回る8.9セント/kWhで、第2回では8.4セント/kWhだったという。2011年11月の第1回入札を皮切りに、これまでに6回実施され、うち5回で合計1.3GWの再エネ(主に太陽光発電)が調達された。


文/モベヤン・ジュンコ

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  4. 2020年はコロナによる影響も? 世界の太陽光発電導入量に関する見通し
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  7. 【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?...
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース