太陽光発電

計測機器メーカー社長に聞く! 太陽光業界の展望

日本の太陽光発電市場の日射計シェアナンバーワンを誇る英弘精機。代表取締役社長である長谷川氏に、今後の太陽光業界の展望について聞いた。

安定した発電の継続のため
O&M関連機器の重要性

新規の太陽光発電所の建設が減少する傾向が見られ、コスト面ではさらにシビアな事業運営が必要です。その中で安定した発電を継続するため、日射計をはじめとしたO&M関連機器の重要性に対する意識が高まってきています。

当社はありがたいことに、日本の太陽光発電市場において日射計のシェアはナンバーワンです。日射をはじめとした太陽光発電に関する計測性能において我々の製品に匹敵するものはなく、世界でも稀有な企業だと自負しています。住宅用の普及だけでなく、例えば建材として利用できる太陽光モジュールなど、太陽光発電設備の可能性はまだ広がると考えてい ます。

日射計はハイグレードから簡易タイプまでご提供しており、他気象計測機器を含めて発電所の健全性評価・健全性確認のためには、特別高圧から低圧まで様々な太陽光発電所に対応できる製品が必要となるでしょう。

今後需要が高まる
発電予測にも貢献

茨城県で2ヶ所、自社のソーラーパークを運営しており、6社のモジュールの比較をしながら日射計などの実証実験も行っています。また、雲の様子を撮影しながら短期の日射予測を実行する「スカイカメラ」という機器の開発にも注力しています。これから需要が高まる発電予測の分野でも貢献していきたいと考えています。

DATA

英弘精機株式会社 代表取締役社長

長谷川 壽一氏


取材・文/廣町公則 文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. ソニーが「RE100」に加盟! 2040年までに100%再エネ化を目指す
  2. 一般海域占有期間が最長30年に! 洋上風力発電の新法案とメリットとは
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 4.5GWのソーラーエネルギーを欧州へ輸出! サハラ砂漠の新プロジェクト
  5. 『第5次環境基本計画』にソーラーシェアリングの推進が明記!
  6. 再エネ100%達成率はダントツ! RE100の発祥地・欧州の実力
  7. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  8. 企業価値を向上する「ESG投資」実践における7つの手段とは
  9. 最新夏号の見ドコロ!「ソーラージャーナル」vol.26
  10. 簡易アセスの導入を合理的に進める3つの方法とは?
関西スマートエネルギーWeek2018 国際 次世代農業EXPO

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース