太陽光発電

クラウド蓄電池とAI家電の連携で自家消費に先手を!

総合家電メーカーとして国内でも上位に食い込むほど市場シェアを伸ばす「SHARP」。太陽光発電市場が右肩下がりの状況にある日本で、今後どのように展開していくのか? 同社の事業戦略推進部参事である三木秀雄さんにお話を伺った。

クラウド蓄電池とAI家電との連携など
自家消費を先取り

国内の太陽光発電市場は右肩下がりの状況にありますが、住宅用太陽光については、そろそろ底をうって反転していくと見ています。ZEHの推進、自家消費ニーズの高まりが期待されるからです。

産業用についても、コスト力がついてきたことを背景に、やはり自家消費がテーマになってくるでしょう。自家消費において、なくてはならないのが蓄電池ですが、弊社では3年前からクラウド蓄電池を販売しています。

これは家庭で使う電気の状況や、外部の天気予報、あるいは電気料金などの情報をすべてクラウドに集めて、そこから最適なエネルギーのコントロールをしていこうというものです。

太陽光発電の“普及促進”から
“効率よく賢く使う”へ

これまでは太陽光発電の普及促進というところに軸足がありましたが、これからはますます、それを“効率よく賢く使う”ということが重要になってくるでしょう。

シャープは総合家電メーカーとして、様々なエンドユーザ様向けの機器を商品化してきた実績と経験をもとに、スマートホームのソリューションを展開してまいります。

クラウド蓄電池システムやクラウドHEMSと、AIを活用した家電を連系させ、安心で快適なソーラーエネルギーライフをトータルに提案してまいります。

プロフィール

シャープエネルギーソリューション株式会社 事業戦略推進部参事
三木秀雄氏

 


取材・文/廣町公則、大根田康介

『SOLAR JOURNAL』vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  7. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース