太陽光発電

米国で新たに広がりをみせる、電気代の削減方法とは?

いまアメリカでは、地域で電力を共有・所有する「コミュニティ」モデルが広がっている。その中のひとつ「コミュニティ・エネルギー貯蔵」システムは、ピーク需要削減によって電気代を削減するもので、いままでの「コミュニティ・ソーラー」とは違うという。一体何がどう違うのだろうか。

前記事:「米国の新たなエネルギー貯蔵法で消費電力差を無くせ!」コチラ

ピーク需要の削減で
電気代をおさえる

ユナイテッド・パワーで新ビジネスディレクターを務めるジェリー・マリッザ氏は、「コミュニティ・ソーラーに似ていて、誰でもプログラムに参加できます。しかし、このプログラムはピーク需要削減による電気代削減で、発電量で買電量を下げる電気代削減とは違います」と、コミュニティ・ソーラーとコミュニティ・エネルギー貯蔵のプログラムの違いを指摘した。

まず、コミュニティ・ソーラーは、電力会社か事業者によってサービス管轄内に太陽光発電システムが設置され、電力需要家は分譲地購入のようにシステムの一部を購入、またはリースする。システムから発電された電力を電力会社に買い取ってもらい、月々の電気代は、消費電力量からなる電力量料金から発電で得られた買取額の差額となる。つまり、消費量を発電量でバーチャルに相殺することができる。

コミュニティ・エネルギー貯蔵は、電力会社によって導入されたエネルギー貯蔵の一部を購入する。この時購入するのは、電力量(kWh)ではなく、電力容量(kW)になる。

~続く~

ユナイテッド・パワーで新ビジネスディレクターを務めるジェリー・マリッザ氏がコロラド州初のコミュニティ・ソーラーの前で(出所:United Power)


文/モベヤン・ジュンコ

『SOLAR JOURNAL』vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  2. 満充電まで3分ってホント!? 日本で電気自動車は普及するのか?
  3. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  4. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も
  5. JPEA、太陽光の「主力電源化」と「2019年問題」を語る
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  8. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  9. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
Jinko Solar 航天機電 ライセンエネルギー株式会社 LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース