太陽光発電

米国で新たに広がりをみせる、電気代の削減方法とは?

いまアメリカでは、地域で電力を共有・所有する「コミュニティ」モデルが広がっている。その中のひとつ「コミュニティ・エネルギー貯蔵」システムは、ピーク需要削減によって電気代を削減するもので、いままでの「コミュニティ・ソーラー」とは違うという。一体何がどう違うのだろうか。

前記事:「米国の新たなエネルギー貯蔵法で消費電力差を無くせ!」コチラ

ピーク需要の削減で
電気代をおさえる

ユナイテッド・パワーで新ビジネスディレクターを務めるジェリー・マリッザ氏は、「コミュニティ・ソーラーに似ていて、誰でもプログラムに参加できます。しかし、このプログラムはピーク需要削減による電気代削減で、発電量で買電量を下げる電気代削減とは違います」と、コミュニティ・ソーラーとコミュニティ・エネルギー貯蔵のプログラムの違いを指摘した。

まず、コミュニティ・ソーラーは、電力会社か事業者によってサービス管轄内に太陽光発電システムが設置され、電力需要家は分譲地購入のようにシステムの一部を購入、またはリースする。システムから発電された電力を電力会社に買い取ってもらい、月々の電気代は、消費電力量からなる電力量料金から発電で得られた買取額の差額となる。つまり、消費量を発電量でバーチャルに相殺することができる。

コミュニティ・エネルギー貯蔵は、電力会社によって導入されたエネルギー貯蔵の一部を購入する。この時購入するのは、電力量(kWh)ではなく、電力容量(kW)になる。

~続く~

ユナイテッド・パワーで新ビジネスディレクターを務めるジェリー・マリッザ氏がコロラド州初のコミュニティ・ソーラーの前で(出所:United Power)


文/モベヤン・ジュンコ

『SOLAR JOURNAL』vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  2. 電力7社が中部電力へ送電、天気予報より日射量・気温ともに低下
  3. 屋根上太陽光発電はブルーオーシャン!? 導入済みの工場は少ない
  4. セカンダリー取引で有利になる、太陽光発電所の”リパワリング”とは?
  5. 〈終了〉2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  6. 屋根上ソーラーに最適! 耐久性抜群の高品質太陽電池モジュール
  7. 再エネによる資産形成のヒントは「資産運用EXPO」でみつけよう!
  8. 目指すは「日本市場シェアNo.1」大手モジュールメーカーの展望
  9. パネル1枚から設置可能! 小規模&自家消費向け『マイクロソーラー』登場
  10. 太陽光発電と音楽が融合!? 中津川の「再エネ・フェス」が大盛況!
ENEX2019(エネックス 2019) 株式会社エーピーシーメンテナンス 日本BSL株式会社 フリアーシステムズジャパン株式会社 LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース