太陽光発電

何コレ!? 世界最高峰エベレストに、突如現るピラミッド

地球環境の変化をヒマラヤの極地から刻々と送り続ける施設がネパールにある。世界最高峰エベレストの登坂ベースキャンプ近くにある国際観測所「Ev-K2-CNR」。その特徴的なデザインと優れた機能性に迫る!

アイキャッチ画像 ©rmnunes/iStock Editorial /Getty Images Plus

ネパール・国際観測所「Ev-K2-CNR」

地球環境の変化をヒマラヤの極地から刻々と送り続ける施設がある。標高5050メートル。ネパール・サガルマータ国立公園内、世界最高峰エベレストの登坂ベースキャンプ近くにある国際観測所「Ev-K2-CNR」だ。観測所の主な任務は生物多様性、環境、気候、大気汚染、人間生理学、地質学の調査。1990年から今まで、520件以上の科学調査を各国220人以上の研究者と行ってきた。

エベレスト・ベースキャンプ近くをトレッキングする登山者の目を、とにかく引くのがその特徴的なデザイン。ピラミッド型をした建物の側面には太陽光パネルが貼られ、イギリス人登山家ジョージ・マロニーにより命名された標高7165メートルの山峰プモリを借景に立つ。ピラミッド内は3階建。1階はミーティングなどに使う共用スペース、実験室、倉庫など、2階は実験室および登山者の応急処置室、最上部3階はデータ処理および通信設備が配置されている。

観測所で使われる電力は太陽光発電による完全なオフグリッド。ピラミッド南側のネパールスタイルの宿泊施設には研究者が20人まで寝起きできる。森林限界をはるかに超える厳しい環境下での細かな調査の積み重ねが、まだ明らかにされていない地球の秘密を解き明かすことにつながっている。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. ソニーが「RE100」に加盟! 2040年までに100%再エネ化を目指す
  2. 一般海域占有期間が最長30年に! 洋上風力発電の新法案とメリットとは
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 4.5GWのソーラーエネルギーを欧州へ輸出! サハラ砂漠の新プロジェクト
  5. 『第5次環境基本計画』にソーラーシェアリングの推進が明記!
  6. 再エネ100%達成率はダントツ! RE100の発祥地・欧州の実力
  7. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  8. 企業価値を向上する「ESG投資」実践における7つの手段とは
  9. 最新夏号の見ドコロ!「ソーラージャーナル」vol.26
  10. 簡易アセスの導入を合理的に進める3つの方法とは?
関西スマートエネルギーWeek2018 国際 次世代農業EXPO

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース