太陽光発電

会員数2700万人! DMM.comが提供するソリューションとは?

あらゆるサービスを提供し、会員数2700万人を超えるDMM.com。2011年から始めた太陽光では、これからどのような取り組みを行っていくのか。エナジー事業営業本部の八代氏に話を聞いた。

自家消費ニーズの
高まりに応える

DMM.comはもともと動画配信事業から始まった会社ですが、2011年、震災復興のために何かできることはないかという想いから太陽光への取り組みをスタートさせました。FIT制度ができる前でしたが、総額8万円で住宅用太陽光を導入できる独自のスキームを開発し、ご好評いただきました。その後、自社でも太陽光発電所を多数保有し、今日では太陽光関連商社・メーカーとして広範な事業展開を図っています。パネル工場を鹿児島に新設して、国内生産体制を整え、品質のさらなる向上にも努めています。

これから日本の太陽光発電は、自家消費が当たり前の動きになってくると思いますが、弊社はそこに向けて、再び時代を先取りしたソリューションを提供してまいります。発電効率に優れた単結晶N型セルや両面発電ハーフカットセルを採用した先進のモジュール、9.8kWの大容量蓄電池など、自家消費に最適な商品をシステムでご提供いたします。

DMM.comは現在40以上の各種サービスを展開しており、会員数は2700万人を突破しています。幅広いユーザーの多様な声に耳を傾け、私たちはこれからもお客様とともに、再生可能エネルギーの普及、地域貢献、環境保全に取り組んでまいります。

PROFILE

株式会社DMM.com
エナジー事業営業本部 調達外販部マネージャー

八代健太郎氏


取材・文/廣町公則、大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース