太陽光発電

拡がる米国の太陽光マーケット、2018年の動向は?

米国最大規模の太陽光発電見本市「インターソーラーNA」開催まで残り2週間を切った。米国では『第3四半期までに設備容量49.3GW』という2017年のマイルストーンを達成しているが、今後はどんな目標を立てているのか? 2018年のマーケット動向を探る。

太陽電池モジュールへの関税は
再エネの未来を蝕むか?

米国では、多くの州が太陽光エネルギーの可能性に気づきはじめるにつれ、『太陽光+蓄電池』の設置が住宅および産業規模で勢いを増している。2018年には約106GWの新しい太陽光発電設備が稼働を始める予定で、米国調査会社のGTMリサーチによると、初めて3桁の年となる。

トランプ政権によって示された輸入太陽電池モジュールに対する30%の関税により、市場発展のスピードは多少落ちるが、未来を破壊するまでは行かないと、GTMリサーチを含む多くの分析グループが述べている。

North Carolina Clean Energy Technology Center によると、現在29の州で再生可能エネルギーの導入目標を掲げており、さらに8州が再生可能エネルギーに関する目標をもっている。実際、カリフォルニア州では、州の公益事業会社が電力の33%を再生可能エネルギーで供給するという2020年目標に近づいており、2030年には50%まで増加させる見込みだ。

市場が新しい価格構成に順応するにつれ、太陽光発電は継続的な成功を収める。関税の影響から一時的に発電所の建設が減ることも考えられるが、ゆっくり着実に成長を遂げることで、長期的には市場の繁栄に繋っていきそうだ。

太陽光のエキスパートたちが集結!
「インターソーラー」米国で開催

サンフランシスコでは、2018年7月10日から12日の間、米国最大の太陽光発電見本市である「インターソーラーNA」が開催される。


「インターソーラーNA 2017」会場の様子

当日は最新のソリューションが展示され、講演会では太陽光発電および蓄電池業界のエキスパートたちが登壇予定。ソーラージャーナルの雑誌も、入り口付近のメディアコーナーにて配布される。


「インターソーラーNA 2017」講演会の様子

 

DATA

インターソーラーNA

HP:The premier Solar Exhibition in the United States – Intersolar North America

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  8. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース