注目キーワード

太陽光発電

拡がる米国の太陽光マーケット、2018年の動向は?

米国最大規模の太陽光発電見本市「インターソーラーNA」開催まで残り2週間を切った。米国では『第3四半期までに設備容量49.3GW』という2017年のマイルストーンを達成しているが、今後はどんな目標を立てているのか? 2018年のマーケット動向を探る。

太陽電池モジュールへの関税は
再エネの未来を蝕むか?

米国では、多くの州が太陽光エネルギーの可能性に気づきはじめるにつれ、『太陽光+蓄電池』の設置が住宅および産業規模で勢いを増している。2018年には約106GWの新しい太陽光発電設備が稼働を始める予定で、米国調査会社のGTMリサーチによると、初めて3桁の年となる。

トランプ政権によって示された輸入太陽電池モジュールに対する30%の関税により、市場発展のスピードは多少落ちるが、未来を破壊するまでは行かないと、GTMリサーチを含む多くの分析グループが述べている。

North Carolina Clean Energy Technology Center によると、現在29の州で再生可能エネルギーの導入目標を掲げており、さらに8州が再生可能エネルギーに関する目標をもっている。実際、カリフォルニア州では、州の公益事業会社が電力の33%を再生可能エネルギーで供給するという2020年目標に近づいており、2030年には50%まで増加させる見込みだ。

市場が新しい価格構成に順応するにつれ、太陽光発電は継続的な成功を収める。関税の影響から一時的に発電所の建設が減ることも考えられるが、ゆっくり着実に成長を遂げることで、長期的には市場の繁栄に繋っていきそうだ。

太陽光のエキスパートたちが集結!
「インターソーラー」米国で開催

サンフランシスコでは、2018年7月10日から12日の間、米国最大の太陽光発電見本市である「インターソーラーNA」が開催される。


「インターソーラーNA 2017」会場の様子

当日は最新のソリューションが展示され、講演会では太陽光発電および蓄電池業界のエキスパートたちが登壇予定。ソーラージャーナルの雑誌も、入り口付近のメディアコーナーにて配布される。


「インターソーラーNA 2017」講演会の様子

 

DATA

インターソーラーNA

HP:The premier Solar Exhibition in the United States – Intersolar North America

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース