太陽光発電

沖縄本島初! 蓄電システム付き太陽光発電所完成!

沖縄本島で初となる蓄電システム付き太陽光発電所が完成した。沖縄電力が要請する出力変動制御に対応できる能力を備え、今後の沖縄での太陽光普及にはずみをつける重要な発電所だ。

沖縄電力の基準を完全クリア
蓄電池併設で出力を有効に制御

このほど沖縄県今帰仁村(なきじんそん)に完成した「有限会社丸豊商事今帰仁村湧川3.3MW発電所」は、沖縄本島で初となる蓄電池併設の太陽光発電所だ。2018年9月28日に沖縄電力へ売電する形で運転を開始し、同年11月9日に竣工式を開催。今帰仁村村長代理、沖縄海邦銀行頭取、大同火災海上保険株式会社取締役会長など関係者が多数集い、その完成を祝した。


テープカットには、今帰仁村村長代理や沖縄海邦銀行頭取などが参加。地域に求められた太陽光発電所であることを象徴する一幕だ。

開発・運営を行う有限会社丸豊商事(沖縄県浦添市)は、不動産事業を手がけており、固定価格買取制度(FIT)の開始以降、自社で手がけた建物の屋根上に太陽光パネルを設置し、太陽光発電事業に参入。安定した事業性が確保できることから、地上設置型にも太陽光発電事業を展開している。

この発電所の特長は、なんといっても蓄電池併設であること。

沖縄電力が2016年から300kW以上(※離島系統は別途設定)の太陽光発電設備に対して設定しているのが、「電力系統へ影響を与えると考えられる時間帯において、太陽光発電設備と蓄電池等の合成出力の毎分の変化速度を『太陽光発電出力定格値の 2%以下』に抑える」というルール。

この条件によって、発電所開発の難易度は大きく高まる。
蓄電システムを設置するために、イニシャルコストや施工コストが上昇することはもちろん、出力制御に対する技術的な難易度も非常に高くなる。

その条件をクリアして完成したこの発電所は、沖縄での太陽光発電所開発の試金石となる、重要な役割を担う発電所なのだ。

1234

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  8. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  9. 太陽光の「シェアリングエコノミー」がバングラディシュで普及中!
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース