太陽光発電

未稼働案件のルール改正をチャンスに!? カナディアン・ソーラーの挑戦

2018年に起きた「未稼働案件のルール改正」。PV事業者の戦略が問われる局面だが、モジュールメーカーのカナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社代表の山本氏は「ルール改正をチャンスに活かしたい」と語る。

他社の追随を許さない製品で
物量が動く2019年に備える

未稼働案件のルール改正には正直驚きました。12月の修正案で当初よりはだいぶ緩和されたと思います。プレミア価格の案件をわざと先延ばしにしていたわけではなく、「3年縛り」の案件を優先していた人も多く、特高案件で8月まで猶予期間が設けられたことはよかったです。今回のルール改正では、パネルの変更が可能になり、弊社の高性能モジュールを積極的にご検討いただく大きなチャンスだと思います。



製品の差別化が難しくなったといわれますが、当社では400W超えの多結晶モジュール「HiKu」、新しい技術でセルを接合しひときわ高い効率を実現した「HiDM」という新しいモジュールがあります。この2種類は他社の追随を許しません。

今年は、2020年3月までに完工しなければならない案件の着工がピークを迎えるため非常に多くのモジュール供給が必要になる年でしょう。そのような案件向けに当社も既に多くの発注をいただいております。

また、自家消費時代に突入する中、昨年後半から工場や倉庫の屋根に載せるパネルの問い合わせが予想以上に増えています。RE100などが世界的に広がる中で、再エネ活用は企業の利益に直結しますから、企業は本気で自家消費に取り組むでしょう。今から準備しないと間に合いませんし、我々もその要望に応えていきたいですね。

PROFILE

カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社
代表取締役社長

山本 豊氏


文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.28(2019年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. 太陽光の主力電源化に向けた“O&Mのあるべき姿”とは?
  3. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...
  4. J-クレジット「再エネ発電」への人気上々。 卒FITも特例で認証へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース