太陽光発電

太陽の位置に合わせてパネルが動く! パリの音楽複合施設

パリのセーヌ川に連なる中州。その仲間に加わった、『ラ・セーヌ・ミュージカル』は、日本人建築家が設計した。注目すべきは、太陽光発電システムを導入しているところだ。

高さ45メートルの
太陽光パネルを設置

パリを南北に分けるように流れるセーヌ川には特徴的な中州が連なっている。パリ発祥の地でありノートルダム大聖堂が鎮座するシテ島。貴族や著名人の邸宅が立ち並ぶサンルイ島。先端に自由の女神像が建つ長細い中州“白鳥の小径”(ニューヨークの自由の女神像はフランスより贈られたもの)。これらキャラ立ちした仲間に近年加わったのが、パリの南西オート・ド・セーヌ県との境にあるセガン島とラ・セーヌ・ミュージカルだ。

建築家の坂茂氏によって同島に設計されたラ・セーヌ・ミュージカルは、セーヌ川を航行する船のような見た目を持った音楽複合施設である。地下1階、地上9階建ての建物には最大6000人収容の多目的ホールをはじめ、クラシック音楽向けホール、音楽学校、屋外庭園などが入る。とりわけ注目すべきは高さ45メートルの太陽光パネル。船の帆をイメージにデザインされ、“帆”は太陽の位置に合わせてドーム型建築物の周囲を動く。

フランスは古い建物を大切に保護しつつも、各時代の新しさを取り入れ、景観を重層的にしてきた。ラ・セーヌ・ミュージカルという新人も、いずれはこの時代の建築様式を表す建物として、セーヌ川沿いの顔になっていくかもしれない。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.29(2019年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  9. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース