注目キーワード

太陽光発電

CO2Oが発電所を共同開発 SDGsの2目標への取り組み

評価診断とO&Mの実績2.3GWを誇る株式会社CO2Oが、大和エナジー・インフラと共同開発した太陽光発電所の完成と商業運転の開始を発表した。

メイン画像:日乃出グリーン電力1号太陽光発電所の写真

 

群馬県伊勢崎市に完成
2社が共同開発した発電所とは

太陽光発電所におけるトータルソリューションサービスを提供する株式会社CO2O。7月31日、同社と大和証券グループの投資業務を担う大和エナジー・インフラ株式会社が、群馬県伊勢崎市日乃出町に共同開発した日乃出グリーン電力1号太陽光発電所の完成と商業運転の開始を発表した。

この発電所の敷地面積は約18000㎡で、発電容量は約1.6MW。およそ565世帯分の電力を発電でき、これは同町内の半分程度に相当する。大和エナジー・インフラの出資100%のもと、CO2Oが設計から施工、O&M、アセットマネジメントまで手掛けることで、長期に渡って安定した運用ができる態勢を整えた。



2社は引き続き日乃出町地区に複数の発電所を開発し、合計で5MWの発電所を建設する考えだ。そうすることで、国連サミットで採択された持続可能な開発目標SDGs17の目標のうち、「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」と「気候変動に具体的な対策を」という2目標の実現に資することを目指している。

DATA

株式会社CO2O 公式リリース

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 4月27日、zoom開催決定!太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる
  10. 太陽光発電プロジェクト入札「世界最低価格」が更新

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース