太陽光発電

躍進続くサングロウ 蓄電システムで自家消費への貢献も

世界累計87GWの出荷実績を誇る世界大手のPCSメーカー・サングロウ。同社はパワコンの提供にとどまらず、蓄電システムへとソリューションを広げている。取材当時現職だったサングロウジャパン代表の趙氏に、今後の展望をきいた。

グローバル87GWの累計出荷
中国では10年連続シェアNo.1

私たちサングロウは、中国・ヨーロッパ・日本をはじめ、世界中で製品を採用いただいています。パワーコンディショナ分野での世界シェアはおよそ15%、グローバルの累計出荷量は2019年8月時点で87GW、中国ではこの10年、市場シェアNo.1を維持し続けています。

これは、製品そのものへの信頼だけでなく、当社の経営に対しても信頼も寄せていただいている証だと捉えています。

33.3kW/49.5kWモデルの高圧採用増
高品質とサポート体制に評価

日本市場で特に好評をいただいているのは、33.3kWモデルの「SG33K3J」と49.5kWモデルの「SG49K5J」です。高圧案件でのシェアが大きくなっています。その他、111kWモデルの「SG111HV」や、500Kwモデルの「SG500MX」2MWモデルの「SG2000」など、多様なニーズに応えられるラインナップをご用意しています。

SG33K3J

SG49K5J

SG111HV

SG500MX

SG2000

SG2000MV

当社の製品は、品質が安定しており、故障率が極めて低いことが大きな特長です。万が一問題が発生したとしても、経験豊富なエンジニアが複数名在籍しており、在庫も十分にありますので、迅速に復旧対応することができます。製品の信頼性のみならず、サポート体制も含めて評価いただいているのだと考えています。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース