注目キーワード

太陽光発電

ロンジ・ソーラーが、最先端次世代モジュールを開発! シングリング技術でPERCセルを革新

ウェハ大口径化技術など
先進技術でPV市場を牽引

ロンジ・ソーラーは、今春にもハーフカットセルの新製品「Hi-MO4(ハイモフォー)」シリーズを発表し、話題を集めている。Hi-MO4は、6本バスバーを採用した高効率単結晶PERCモジュールだ。そこには、ウェハの口径を現状設備で対応可能な最大サイズ(直径223mm)まで広げ、ウェハ面積の拡大(約1.12倍)を可能にした同社がリードするウェハ大口径化技術が活かされている。より大きなウェハサイズは、発電量を増やし、コストを削減することにも直結する。

6本バスバー、ハーフカットセル構造


●バスバーが6本も有ることで、バスバー間の距離が短く、発生した電子を集めやすい。
●ハーフカットセルにより電流値が1/2となり、内部抵抗が1/4に減少し、出力アップ。

次世代新規格ウェハ採用 Hi-MO4/4m


新規格ウェハ面積は従来ウェハの1.12倍に拡大。ロンジ・ソーラーラインナップ最大の出力を実現。

Hi-MO4は、2019年第3四半期から量産が始まっているが、8月末時点で世界中から2GWを超える予約注文を受けていたという。同社製品への期待の高さがうかがわれる。

Hi-MO4とHi-MOX、立て続けに発表されたロンジ・ソーラー製品には、これからの太陽電池モジュールをリードする革新の技術が詰まっている。同社の技術力の高さは、本誌既出のとおり、米RETC(Renewable Energy Test Center)ほか複数の国際的第三者機関から、最高ランクの評価を受けていることからも分かる。

Hi-MO4mシリーズ LR4-72HPH(72セルタイプ)/430~450W/変換効率19.3~20.2%

ロンジ・ソーラーのモジュール生産能力は、2019年末までに16GWに至り、2020年末には25GWに達する見通し。ウェハ生産能力においては、2020年末までに65GWに到達するという。昨年は、グローバルの単結晶ウェハ生産量シェア35%を達成した。2019年中には多結晶を含めた全体でも23%を占め、世界トップになると予測されている。新技術の製品化により、同社の勢いは、さらに増すことになりそうだ。

お問い合わせ

LONGi Solar Technology株式会社
東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル24階
TEL:03-3516-6300


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.31(2019年秋号)より転載

Sponsored by LONGi Solar Technology株式会社

< 12

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. “おうち時間は再エネで” 再エネ新電力に切り替えよう!
  7. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  8. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  9. ファーウェイの住宅用パワコンと蓄電池がJET認証を取得。国内販売をスタート!...
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース