注目キーワード

太陽光発電

中国トップ企業に聞いた! 3つの質問で考えるアフターコロナの太陽光ビジネス【インリー・グリーンエナジー編】

新型コロナウイルスの影響にとどまらず、太陽光市場は大きく変わっている。3つの質問から、アフターコロナの太陽光ビジネスについて、中国トップ企業のインリー・グリーンエナジーに聞いた。

日本市場について、アフターコロナの予測と、
FITからFIPへの移行に対する期待と戦略
について教えてください。

太陽光発電活用の原理原則は需給一体型発電所であり、セミオフグリッド、PPA(オンサイト/ オフサイト)モデルの確立にフォーカスします。

アフターコロナには、人口の都市部への一極集中から地方部への分散化が進むことで、それと同期して電力需要が分散化することは、集約型と相性の悪い太陽光発電にとっては追い風になることは間違いないと考えます。

世界市場について、
現在盛り上がりを見せているのは、
どの国・地域でしょうか?

私達インリー・グリーンエナジーとしては、2019年の中国国内での出荷量が1.3GWと全体の出荷量1.9GWの70%を超えています。中国国内のFIT単価(補助金額)は下落しておりますが、それを上回る太陽光設置コストの下落が、需要を後押しし続けています。

自家消費市場が日本において
今後成長するためのポイントは何でしょうか?

まだまだ、既存の系統網を前提とした集約型電源の枠組みのなかでのFITを前提とした太陽光発電の枠を出ていません。災害時の自立電源、化石燃料依存からのエネルギー自給、長期的な経済性とCO2フリーという分散型電源としての太陽光発電の4つの価値を需要家へ訴求することと、PPA/PPSを媒体とした需給マッチングおよび、PPAファイナンスの普及がポイントとなります。


SOLAR JOURNAL vol.34(2020年夏号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言
  10. 政府が2兆円の基金創設で脱炭素技術支援へ。グリーン成長戦略も決定

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース