注目キーワード

太陽光発電

美作市「パネル税」見直しもまた継続審査。JPEAやASPEnら反対を再表明

9月22日、美作市の「事業用発電パネル税条例」案が再び継続審査となった。2年以上も審査が続けられている。今回の案では、課税対象を土砂災害の恐れのある区域の50kW未満の設備にも広げた。

課税対象を拡大した見直し案
河川の水害対策の財源とする意向

岡山県美作市が導入を目指している「事業用発電パネル税条例」案が、9月22日の市議会で再び継続審査となった。

50kW以上の野立て事業用発電設備を対象に、パネル1平方メートルあたり50円を課税する同条例案は、2019年6月の市議会で初めて提出された。当初、2020年度からの課税を予定していたが、議論がまとまらず萩原市長の辞職(その後再選)などによって継続審査が続いてきた。

今回、これまで課税免除とされていた50kW未満の設備のうち、土砂災害の恐れのある区域の設備にも課税対象を広げるよう条例案が見直された。萩原市長は事業用発電パネル税を豪雨などによる河川流域の対策の財源に充てる意向を示していたが、可決には至らなかった。

法定外目的税の波及を危惧
JPEAらが再び反対意見を表明

美作市の「事業用発電パネル税条例」案は法定外目的税として位置付けられており、目的を特定した財源として自治体による課税が認められる。ただし、議会の可決後、総務相の同意が必要となる。

これに対し、JPEAは8月31日に「自治体による太陽光発電への法定外目的税導入について」という声明で改めて反対の意を表した。太陽光パネルに対する自治体の法定外目的税の先例ができると、全国に波及し再生可能エネルギー導入の妨げになると懸念している。

また、ASPEn(太陽光発電事業者連盟)も二重課税による発電事業者への過剰な負担や事業衰退の可能性を指摘し、9月1日に反対意見を表明していた。

DATA

美作市議会 令和3年第5回定例会 議会結果
JPEA:自治体による太陽光発電への法定外目的税導入について(再表明)
ASPEn:岡山県美作市の事業用発電パネル税条例案に対する反対意見


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 太陽光発電、導入量米国No.1! カリフォルニア州の注目制度、CSIとは
  8. 改正温対法の「ポジティブゾーニング」とは? 許認可をワンストップとする特例も...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 第6次エネルギー基本計画の素案まとまる! 2030年エネルギーミックス暫定版も提示...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース