注目キーワード

太陽光発電

パワーオプティマイザで「リパワリング」の最高値へ! “ FIT残存期間の収益性”を高める

運開から10年を迎える太陽光発電所も出はじめ、いまパワコン交換への関心が高まっている。 FIT残存期間の収益性を高めるためには、どんなパワコンを選んだら良いのか。キーワードは「リパワリング」だ。

ただのリプレイスではなく
最新のリパワリングで
発電所の収益性を高める

FIT制度が開始されてから10年が経ち、早期に建設された産業用太陽光発電所の多くがパワコンの見直し時期を迎えている。見直しにあたっては、既設パワコンの改修や後継機種へのリプレイスに留まらず、発電量アップを期待できる他社製品への買い替えなど、幅広い選択肢を検討したい。その中で、残りのFIT期間の収益性を高めるためには、発電所のパフォーマンス向上、すなわち「リパワリング」に直結するパワコンであることが望まれる。

一方で、パワコンメーカーのなかには日本市場から撤退してしまったところもあり、見直し時期を前に不安を感じている発電所オーナーも少なくない。今後の事業継続が危ぶまれるメーカーもあり、パワコン選定は発電所オーナーの大きな課題となっている。
 

 

モジュール単位のMPPTで
発電量を大幅アップ
O&Mコスト削減も可能に

こうした状況にあって、いまソーラーエッジ製パワコンへの注目が高まっている。新設発電所への導入では、早くから世界的評判を得てきたソーラーエッジだが、MLPE(※)技術を搭載した同社のシステムは既設発電所のリパワリングにも最適なものだったのだ。その理由は、「パワーオプティマイザ」とセットになった独自のパワコン・システムにある。パワーオプティマイザは、太陽電池モジュールに接続する DC/DC コンバータで、モジュール単位のMPPT(最大電力点追従)を実現する。

[ソーラーエッジのリパワリングソリューション/システム構成図]

ソーラーエッジテクノロジージャパン 産業用ジェネラルマネージャーの谷崎真一郎氏は、同社システムによるリパワリングには4つのメリットがあると話す。

「1つめは『モジュールレベルのMPPT制御により発電量がアップすること』です。従来のパワコンはMPPTの数が限られていましたが、当社システムではパワーオプティマイザの数がそのままMPPTの数になります。
2つめは『安全性』です。水害で水没したり、火災が発生したときにも、パワーオプティマイザが安全性を担保してくれるので、被害が広がることはありません。
3つめは『O&M』に関してです。パワーオプティマイザ単位でのデータ収集、モニタリングが可能ですから、現場に行くことなくオフィスに居ながらにして、問題のあるモジュールを特定することができます。
4つめは『設計の容易性』です。リパワリングに伴いストリング構成を変えることになりますが、その時の設計が非常に容易であり、どのような既存システムにも対応可能です」。

ソーラーエッジのリパワリングは、低圧から高圧、特高まで、太陽光発電所の規模を問わない。既存パワコンが集中型であっても、分散型であっても、それぞれにメリットを得ることができる。最高レベルのリパワリング効果を求めるなら、ソーラーエッジのパワコン・システムが重要な選択肢になることは間違いない。

\見逃し配信のオンデマンド受付中!/
ソーラーエッジリパワリングウェビナー(無料)


ソーラーエッジテクノロジージャパン株式会社
産業用ジェネラルマネージャー

谷崎 真一郎氏

問い合わせ

ソーラーエッジ株式会社
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎東4丁目5番24号A館
TEL:050-3198-9430

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. パワーオプティマイザで「リパワリング」の最高値へ! “ FIT残存期間の収益性”を高める...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 最新秋号の見ドコロ!「ソーラージャーナル」vol.43発行
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  6. 東京都の太陽光設置義務化、都議会で可決なら2025年度から施行の見通し
  7. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  8. 経産省が「脱炭素」大規模発電所の新設支援 20年収入保証へ
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. 【参加無料】LONGi新型モジュール発表会&太陽光セミナー・懇親会/大阪11/14/福岡11/21 登壇者決定!...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.43 | ¥0
2022/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ