太陽光発電

SPI2015開催!好成長の米国市場を脅かす問題とは?

9月中旬、4日間に渡り、北米最大の太陽光発電関連展示会「Solar Power International(SPI)」が米国カリフォルニア州アナハイム市で開催された。

9月中旬、4日間に渡り、北米最大の太陽光発電関連展示会「Solar Power International(SPI)」が米国カリフォルニア州アナハイム市で開催された。SPIは100以上の専門セミナーと数々の展示会・技術講演会、ネットワークイベントで構成されており、今回は600社以上の出展と1万5千人の来場者数を集めた。

全米太陽光発電協会(SEIA)によると、イベント開催時点で米国における太陽光発電累計設置容量は約23GW以上。また、これまでに米国で新設された電力発電所の40%が太陽光発電であり、これは近日の米国における太陽光発電産業の大きな成功を意味している。

成功を祝うかのように、イベントの中盤にはジョー・バイデン米副大統領が約4000人を前に熱い演説を行い、大きな可能性に満ちた太陽光発電産業にエールを送った。

成長が著しい米国市場だが、今後の成長を脅かす数々の問題も抱えている。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  5. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース