太陽光発電

2020年の蓄電池市場規模は現在の20倍以上!? 

遠隔出力制御にいち早く対応

さらにこの蓄電池システムは電力会社が指令する遠隔出力制御に対応できる。FITのルール改正により、2015年4月から特定地域で新たに設置する住宅用太陽光発電システムには、遠隔出力制御装置を設置することが義務付けられた。

「そもそも電力会社による遠隔出力制御システムはまだできあがっていないが、システム完成後にマルチエネルギーモニタのソフトウェアを更新すれば対応できる。出力制御分の電気を蓄電池に充電することも可能で、太陽光発電の電気を無駄なく活用できる」(棱野副事業部長)と語る。希望小売価格は、356万円(税抜)で、15年度の販売目標は1万5000台としている。


>>Text 南野彰

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース