注目キーワード

太陽光発電

パネル出荷量世界一を達成 ジンコソーラーの次なる目標

2016年度の第1四半期から第3四半期まで、太陽光パネルの出荷量世界No.1を達成したジンコソーラー。2017年の目標と戦略を、ジンコソーラーホールディング副社長の銭晶氏に訊いた。

2016年の当社の年間のパネル出荷量は、おおよそ6.6~6.7GWとなる見込みです。そして、我々ジンコソーラーは、2017年には年間出荷量を2016年より50%増加させることを目標に掲げています。世界各国で既に多数の受注をいただいており、目標達成に向けて着実に歩みを進めています。アジアでは、インド・フィリピン・タイ・ベトナム・マレーシアなどでのプロジェクトが進行中です。

日本においては、2017年には出荷量を2016年の30%増とすることを目標にしています。これから、当社は日本の大手家電量販店と協力し、販路を拡大する同時に営業範囲を増大します。

また、現在、ドイツの大手パワコンメーカーとの協力関係を検討しています。高品質の製品を提供するメーカー同士、太陽光発電の更なる普及拡大に手を携えていければと考えています。

2017年も引き続き、我々ジンコソーラーにご注目ください。

sj_jin170106_002

2017年の目標と戦略を語ってくれたジンコソーラーホールディングの銭晶副社長。


関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース