「モジュール」の検索結果

「卒FIT」や「入札制度の拡大」など、2019年の日本の太陽光市場は転換期を迎えている。変化が予想される日本市場に対して、モジュールメーカーはどのように感じ、何を考えているのか。「Intersolar Europe 2019」と「SNEC 2019」2つの展示会で、日本市場の展望を聞いた。

【インタビュー】モジュールメーカーのエグセクティブに聞く! 日本市場の展望とは

2019年の世界の太陽光発電市場は、太陽電池ベースで100GW超えは確実である。2018年と同様に中国が最大の導入国となるが、中国以外の国々での導入が進展する見通しである。注目の今後の太陽光発電市場を追っていく。

世界太陽電池市場は100GWを維持。中国の抑制策による影響をカバーできた理由は?

いよいよ11月に迫る、住宅用太陽光発電の「卒FIT」。PV関連企業はどのような戦略を練っているのだろうか? 注目のモジュールメーカー8社のエグゼクティブに話を伺った。

【インタビュー】モジュールメーカーに訊く! 2019年の戦略は?

2019年1月に、PRECモジュール変換効率の世界記録を書き換えたライセンエネルギー株式会社。CEOのXie Jian氏は今後、日本市場でのシェアを拡げていきたいと語っている。

変換効率で世界記録を更新! 大手モジュールメーカーが日本でシェア拡大へ

台風により浸水や破損した太陽光発電の設備に近づくのはとても危険だ。復旧作業などで、やむを得ず近づいたり触れたりする場合は、ゴム手袋やゴム長靴を使うなどリスク管理を徹底してほしい。

【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?

FITの買取価格低減が進む中、より高品質なモジュールへとトレンドが移り変わっている。 そのトレンドを先取りした「イクリプス」シリーズを提供するセラフィムソーラージャパンの崔娟娟社長にその特長を聞いた。

発電所の高効率化に最適! セラフィムソーラー「イクリプス」の魅力とは

単結晶モジュール出荷量、世界トップ※1を誇るLONGi Solar(ロンジ・ソーラー)が、国際的評価を高めている。エーオンが開発した長期出力保証をバックアップする保険においても、厳しい審査・試験をクリアし、初の採用メーカーに選ばれた。

LONGiモジュールが発電評価でも首位獲得! 出荷量No.1の理由とは?

2018年に起きた「未稼働案件のルール改正」。PV事業者の戦略が問われる局面だが、モジュールメーカーのカナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社代表の山本氏は「ルール改正をチャンスに活かしたい」と語る。

未稼働案件のルール改正をチャンスに!? カナディアン・ソーラーの挑戦

太陽光発電製品メーカーとして今注目を集めている、AXITEC(アキシテック)社。ドイツのリサーチ会社が毎年行う「太陽光発電の施工企業を対象とした満足度調査」において、モジュールメーカー部門で"TOP BRAND PV Germany 2019"の称号を獲得した。

ドイツのモジュールメーカーが「TOP BRAND PV Germany 2019」を獲得!

太陽光発電業界を牽引するJAソーラーが、今年3月、単結晶モジュールの新モデルをリリース! 最新の「PERC技術」を採用することで、従来品よりも発電量が向上している。

変換効率20.2%! PERC技術を採用した最新モジュールが3月にリリース

1 2 3 4

アクセスランキング

  1. 【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?
  2. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 世界初、植物の光合成で大気を浄化! UK発の「バイオソーラーリーフ」って?
  9. アフターFITの世界で輝く「再エネの価値」とは?
  10. 11/19(火)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース