「地域活性化」の検索結果

2016年4月の電力小売全面自由化以降、参入企業が増加している。その中で日本の「地域新電力」はどうあるべきか? 再エネの過去、現在、そして未来をエネルギージャーナリスト・北村和也氏が読み解く。

今注目の地域新電力 その目指すべき方向とは?

千葉商科大学は、11月13日、2020年度までに「自然エネルギー100%大学」を目指すことを表明。実現すれば、日本の大学としては初。世界的な自然エネルギー関連のイニシアチブにも登録された千葉商科大学の取り組みが見据えるのは、地域に根ざした発電事業だ。

千葉商科大、日本初の自然エネルギー100%大学へ 

高齢化と過疎化が進む、石川県白山市。そこで地熱による地域活性化が模索され、地元の企業や商工会などが中心となって「白山市地域地熱資源開発調査検討協議会」が立ち上がった。経済産業省の補助事業として地熱資源開発の可能性が探られている。

石川県の過疎化、地熱による地域活性化の可能性は?

「農山漁村再生可能エネルギー地産地消型構想支援事業」とは? 地域資源に精通した農林漁業者による再生可能エネルギー事業の実施、市町村の関与した地域主体の小売電気事業者の設立を通して、地域活性化を促すのを目的としている。

農山漁村で再エネ!? 電力供給で地域活性化を目指す

アクセスランキング

  1. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  2. 電力7社が中部電力へ送電、天気予報より日射量・気温ともに低下
  3. 屋根上太陽光発電はブルーオーシャン!? 導入済みの工場は少ない
  4. セカンダリー取引で有利になる、太陽光発電所の”リパワリング”とは?
  5. 〈終了〉2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  6. 屋根上ソーラーに最適! 耐久性抜群の高品質太陽電池モジュール
  7. 再エネによる資産形成のヒントは「資産運用EXPO」でみつけよう!
  8. 目指すは「日本市場シェアNo.1」大手モジュールメーカーの展望
  9. パネル1枚から設置可能! 小規模&自家消費向け『マイクロソーラー』登場
  10. 太陽光発電と音楽が融合!? 中津川の「再エネ・フェス」が大盛況!
ENEX2019(エネックス 2019) 株式会社エーピーシーメンテナンス 日本BSL株式会社 フリアーシステムズジャパン株式会社 LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース