「太陽光パネル」の検索結果

太陽光モジュールの出荷量世界一を達成したジンコソーラー。2017において日本市場での成長率100%を目指すという同社の戦略に迫る。

日本で成長率100%を目指すジンコソーラーの戦略

長らくパネルメーカーのOEM供給を手がけてきたトランサンソーラーが、自社ブランド打ち出してパネル供給を開始。同社代表取締役の小穴氏に話を聞いた。

トランサンソーラーが自社ブランドパネルを供給開始!

LONGi(ロンジ)は、世界最大級の単結晶シリコン製品専業メーカーだ。ポストFITも視野に入れ、高性能・高品質な太陽光発電システムを日本市場に普及させるべく、単結晶モジュールの常識を覆 す製品を開発した。

世界最大級!? 単結晶モジュールの時代が到来! 

2016年度の第1四半期から第3四半期まで、太陽光パネルの出荷量世界No.1を達成したジンコソーラー。2017年の目標と戦略を、ジンコソーラーホールディング副社長の銭晶氏に訊いた。

パネル出荷量世界一を達成 ジンコソーラーの次なる目標

ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国と違い、独自の発展を遂げてきたアメリカのソーラー発電市場。今回は、アメリカで注目度が高まっているソーラーガーデンについて。

“モジュール単位”で購入して自家消費を楽しもう!

新たに開発された“フレキシブル”な太陽光パネル『eArche』(イーアーチ)。従来品の4分の1の軽さを実現した新パネルが太陽光発電の可能性を広げる。

超軽量で“フレキシブル”な結晶系パネル、登場!

設備認定から事業認定へ、大きく舵を切る改正FIT法の新認定制度。新たに設けられる「運転開始期限」など、新認定制度のポイントを解説する。

FIT認定制度の変更 未然に防ぐトラブルの知識とは?

ソーラーフロンティアが宮城県大衡村に新設した太陽光パネル工場「東北工場」が注目を集めている。世界トップクラスの生産コストを追及しつつ、太陽光パネルの“地産地消”にもこだわったという最新鋭の生産拠点だ。

太陽光パネルも地産地消! 東北復興に向け新工場、始動

「八百万(やおよろず)」の世界観、美意識を持つ「和」文化が本来の力を失いつつある。取り入れた文化の文脈に自らが埋もれてしまうリスクのほうが際立ってきているのだ。「雲の上の町」高知県梼原町を取り上げ、「八百万のパラドックス」に注目する。

エコタウンで学ぶ、価値ある太陽光パネル利用法とは

ジンコソーラージャパン株式会社が資金調達を目的に、コンソーシアムと20億円のシンジケートローン契約を締結したことを発表。

ジンコソーラーがSMBCらとシンジケートローンを締結

1 2 3 4

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 12/19(木)開催PVビジネスセミナー「成功する産業用自家消費ビジネス」
  5. 〈終了〉12/3(火)開催PVビジネスセミナー「主力電源化への展望と高効率モジュールの役割」
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 『Amazonプライム』の年会費4,900円がゼロに⁉ 大阪ガスが今までにない電力サービスを開始
  9. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  10. 台風停電に救い。 太陽光発電所が充電ステーションに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース