「林野庁」の検索結果

森林資源について「地域住民や山林所有者など森林関係者に、確実に利益が還元される仕組みでなければなりません」と語るのは、林野庁の玉置氏。木質バイオマスの普及が進む一方で、地域の資源である森林を持続的に活用し続けるための仕組みが必要だと話す。林野庁が描くその仕組とは?

農水・経産省が進める「地域内エコシステム」とは?

バイオマス発電のための燃料供給源として、多方面から関心が寄せられる森林資源を特集。林野庁林政部木材利用課の玉置課長へのインタビュー第一弾では、現在の森林資源の状況について、知っておきたい知識について聞いた。

FIT40円。伐採期むかえた日本の人工林、小規模バイオマス発電利用へ

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 『007』最新作に登場予定の車はコレだ! 高性能EV「ラピードE」の魅力とは?
  10. FIT制度の見直しを! 自立に向けた「ビジネスモデルの転換」が必要な理由とは?
PV2019 太陽光発電展示会&フォーラム

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース